『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78946)

EID=78946EID:78946, Map:0, LastModified:2005年5月12日(木) 11:43:21, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.University of Hawaii at Manoa [継承]
著者 (必須): 1.勝藤 和子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Difference in NS's and NNS's Production and Perception: A Study of Information Order in English Dative Alternation  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 英語母語話者(NS)と日本人英語学習者(NNS)を対象にした実験データをもとに文法性判断法と誘出法を方法論的観点から論じた.NSの理解を示す文法性判断の結果と産出を示す誘出法の結果の相関はNNSのそれよりも低く,特に文法性判断においては言語外の因子に影響されている可能性がある.もともと第1言語習得の手法であった文法性判断法を第2言語習得研究で用いる場合の信頼性や妥当性に関して留意するべきと考える.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 1st Annual Hawaii Language Acquisition Workshop (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): ホノルル (Honolulu/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1999年 1月 初日 (平成 11年 1月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kazuko Katsufuji : Difference in NS's and NNS's Production and Perception: A Study of Information Order in English Dative Alternation, The 1st Annual Hawaii Language Acquisition Workshop, (巻), (号), (頁), Honolulu, Jan. 1999.
欧文冊子 ● Kazuko Katsufuji : Difference in NS's and NNS's Production and Perception: A Study of Information Order in English Dative Alternation, The 1st Annual Hawaii Language Acquisition Workshop, (巻), (号), (頁), Honolulu, Jan. 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.89, Max(EID) = 382230, Max(EOID) = 1021024.