『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78835)

EID=78835EID:78835, Map:0, LastModified:2011年3月30日(水) 18:47:43, Operator:[佐竹 昌之], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[佐竹 昌之], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.筑波大学 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Ikegami Haruo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kang Hi-Sung (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.佐竹 昌之 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Nishiyasu Takeshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Inazawa Miyako (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of physical training upon pulse wave velocity in the human aorta.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 身体トレーニングによって大動脈脈波速度(PWV)は有意に低下した.さらに,トレーニング前のPWVのレベルとトレーニング後のPWVの変化量との間には正の相関関係が認められた.血中脂質はトレーニングによって総コレステロールの低下およびHDLコレステロールの増加がみられた.これらの結果から,加令によって硬化した大動脈壁の弾性は運動によって改善し,さらに動脈硬化症の改善も示唆された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Seol Olympic scientific congress organizing committee (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) 1986 Asian games scientific congress proceedings (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): [継承]
(必須): [継承]
(必須): 901 911 [継承]
都市 (任意): ソウル (Seoul/[大韓民国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1987年 3月 初日 (昭和 62年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Haruo Ikegami, Hi-Sung Kang, Masayuki Satake, Takeshi Nishiyasu and Miyako Inazawa : Effects of physical training upon pulse wave velocity in the human aorta., 1986 Asian games scientific congress proceedings, 901-911, 1987.
欧文冊子 ● Haruo Ikegami, Hi-Sung Kang, Masayuki Satake, Takeshi Nishiyasu and Miyako Inazawa : Effects of physical training upon pulse wave velocity in the human aorta., 1986 Asian games scientific congress proceedings, 901-911, 1987.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.80, Max(EID) = 373295, Max(EOID) = 998661.