『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78632)

EID=78632EID:78632, Map:0, LastModified:2014年3月20日(木) 15:44:51, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[浜田 賢一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.歯学部.歯学科.基礎口腔科学講座.生体材料工学 [継承]
2.徳島大学.歯学部.附属病院.中央診療施設.特殊歯科総合治療部 (〜2003年9月30日) [継承]
3.徳島大学.歯学部.歯学科.基礎口腔科学講座.生体材料工学 [継承]
著者 (必須): 1.浜田 賢一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.河野 文昭 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.総合診療歯科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.総合歯科診療部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.淺岡 憲三
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Material Design of Denture Base Resin Reinforced by Shape Memory Alloy Fiber  (日) 形状記憶合金繊維で強化した床用レジンの材料設計   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) We evaluated the tensile strength of denture base resin reinforced by shape memory alloy fiber. Fiber surface treatment with primer decreased the fiber-pull-out in a shape-memory-fiber reinforced denture base resin matrix composite and increased the tensile strength. We speculated that the increase in tensile strength was caused by an increase in interfacial strength between the fiber and the matrix. Since heat treatment at above 60℃ increased the composite tensile strength, this composite worked as a smartcomposite. Although there was no effect of heat treatment temperature on tensile strength, flexion of composite was observed after heat treatment at a higher temperature, suggesting that the heat treatment temperature should be lower. We speculated that the slight increase in tensile strength after heat treatment was caused by the higher martensite transformation starting temperature of the fiber.  (日) 形状記憶合金繊維で強化した床用レジンの引張強さについて検討した. 繊維表面のプライマー処理により形状記憶合金繊維強化レジン基複合材料の繊維のプルアウトが減少し, 引張強さが増加した. この引張強さの増加は繊維-マトリックス界面強度の増加によると考えられた. 60℃以上での熱処理によって複合材料の引張強さは若干増加したため, この試料がスマート複合材料として機能していることがわかった. 熱処理温度による引張強さの差は認められなかったが, 高温で熱処理した場合, 複合材料の屈曲が認められたため, 熱処理温度は低くすべきだとわかった. 熱処理後の引張強さがあまり増加しなかった理由は, 繊維マルテンサイト変態開始温度が高いためと考えられた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Composite materials (日) 複合材料 (読) [継承]
2. (英) Shape memory ally (日) 形状記憶合金 (読) [継承]
3. (英) Fiber reinforced material (日) 繊維補強材 (読) [継承]
4. (英) Denture base resin (日) 義歯床用レジン (読) [継承]
5. (英) Tensile strength (日) 引張強さ (読) [継承]
6. (英) Primer (日) プライマー (読) [継承]
7. (英) Smart composite (日) スマート複合材料 (読) [継承]
発行所 (推奨): (英) The Japanese Society for Dental Materials and Devices (JSDMD) (日) 一般社団法人日本歯科理工学会 (読) [継承]
誌名 (必須): 歯科材料·器械 ([日本歯科理工学会])
ISSN (任意): 0286-5858
ISSN: 0286-5858 (pISSN: 0286-5858, eISSN: 2188-4188)
Title: Shika zairyo, kikai = Journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices
Title(ISO): Shika Zairyo Kikai
Supplier: 一般社団法人日本歯科理工学会
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 20 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 131 135 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2001年 2月 初日 (平成 13年 2月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110002990638/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110002990638 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 : 形状記憶合金繊維で強化した床用レジンの材料設計, 歯科材料·器械, Vol.20, No.2, 131-135, 2001年.
欧文冊子 ● Kenichi Hamada, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka : Material Design of Denture Base Resin Reinforced by Shape Memory Alloy Fiber, The Journal of the Japanese Society for Dental Materials and Devices, Vol.20, No.2, 131-135, 2001.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.44, Max(EID) = 373312, Max(EOID) = 998819.