『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78583)

EID=78583EID:78583, Map:0, LastModified:2019年11月15日(金) 16:46:37, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
(必須): (英) Ishihara (日) 石原 (読) いしはら [継承]
(必須): (英) Kunihiko (日) 国彦 (読) くにひこ [継承]
ミドルネーム (任意):
生年月日 (推奨): **** [学内]
性別 (推奨): 男性 [継承]
学位 (推奨): 1.博士 [継承]
学位名称 (推奨): 1. (英) Ph.D (日) 工学博士 (読)
授与組織 (推奨): 大阪大学 [継承]
授与年月日 (推奨): 西暦 1980年 6月 30日 (昭和 55年 6月 30日) [継承]
[継承]
出身大学 (推奨): 神戸大学
卒業年月日 (推奨): 西暦 1969年 3月 25日 (昭和 44年 3月 25日) [継承]
[継承]
出身大学2 (推奨):
出身大学3 (推奨):
肩書 (必須): 1.(期間: 2004年4月 1日〜2012年3月 31日)  教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
所属 (必須): 1.(期間: 2004年4月 1日〜2012年3月 31日)  徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
2.(期間: 〜2012年3月 31日)  エネルギー変換工学 (2006年4月1日〜2016年3月31日) [継承]
3.(期間: 〜2012年3月 31日)  徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.機械創造システム工学コース.機械システム講座 (2006年4月1日〜) [継承]
電子メール (必須):
電話 (推奨):
電話2 (推奨):
電話3 (任意):
FAX (任意):
国籍 (推奨): **** [職員]
本籍 (推奨): **** [職員]
郵便番号 (任意):
住所 (任意):
部屋 (推奨):
オフィスアワー (推奨):
統合認証ID (推奨):
科研番号 (推奨):
SPAS-ID (推奨):
職員番号 (推奨):
学務教員ID (推奨):
パスワード (任意): **** [ユーザ]
証明書 (任意):
URL (任意):
顔写真 (推奨): 石原国彦 ([顔写真]) [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意): 1.7402878511 [継承]
2.35098827600 [継承]
3.55126914600 [継承]
Researchmap (推奨):
ORCID (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) H24.3.31 退職(ソシオテクノサイエンス研究部 エネルギー変換工学)   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● [氏名] 石原 国彦, Kunihiko Ishihara, [Email] (電子メール), [職名・学位] (肩書)・工学博士, [専門分野] 流体関連振動, 流体騒音, 空力自励音, ロータダイナミクス, ビークルダイナミクス, [所属学会] 日本機械学会ターボ機械協会, [社会活動] , [研究テーマ] 管及び管群の流力励起ランダム振動, エオルス音の予測技術に関する研究, 熱交換器ダクトで問題となる空力自励音の発生メカニズムの究明, ロータ·軸受系の過渡振動,スクイズフィルムダンパの振動抑制効果の研究, 鉄道車両のだ行動·曲線通過走行シミュレーション, [キーワード] (@.keyword), [共同研究可能テーマ] (@.collaborate)
欧文冊子 ● [Name] Kunihiko Ishihara, [Email] (電子メール), [Title, Degree] (肩書)・Ph.D, [Field of Study] 流体関連振動, 流体騒音, Aerodynamic Self-Sustained Tone, Rotordynamics, Vehicle Dynamics, [Academic Society] Japan Society of Mechanical EngineersTurbomachinery Society of Japan, [Social Activity] , [Theme of Study] 管及び管群の流力励起ランダム振動, エオルス音の予測技術に関する研究, 熱交換器ダクトで問題となる空力自励音の発生メカニズムの究明, ロータ·軸受系の過渡振動,スクイズフィルムダンパの振動抑制効果の研究, 鉄道車両のだ行動·曲線通過走行シミュレーション, [Keyword] (@.keyword), [Collaboratible] (@.collaborate)

関連情報

この個人(石原 国彦)を参照している情報

閲覧【学位論文】…(79) 閲覧【学会活動】…(2) 閲覧【擬人】…(7) 閲覧【共同研究】…(7)
閲覧【研究】…(5) 閲覧【授業概要】…(61) 閲覧【賞】…(5) 閲覧【組織】…(6)
閲覧【担当授業】…(26) 閲覧【著作】…(218) 閲覧【特許・実用新案】…(22) 閲覧【履歴】…(12)

この個人(石原 国彦)が所有している情報

閲覧【学位論文】…(3) 閲覧【学会活動】…(12) 閲覧【授業概要】…(1) 閲覧【組織】…(1)
閲覧【担当授業】…(1) 閲覧【著作】…(1) 閲覧【履歴】…(2)

この個人(石原 国彦)が権限を持つ情報

閲覧【学位論文】…(89) 閲覧【学会活動】…(14) 閲覧【擬人】…(1) 閲覧【共同研究】…(7)
閲覧【研究】…(5) 閲覧【授業概要】…(62) 閲覧【賞】…(5) 閲覧【担当授業】…(27)
閲覧【著作】…(219) 閲覧【特許・実用新案】…(22) 閲覧【履歴】…(14)
Number of session users = 0, LA = 1.54, Max(EID) = 372532, Max(EOID) = 996366.