『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78268)

EID=78268EID:78268, Map:0, LastModified:2004年1月15日(木) 15:30:24, Operator:[矢部 拓也], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[矢部 拓也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.東京都立大学 [継承]
著者 (必須): 1.矢部 拓也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) takaki ryousuke (日) 高木 竜輔 (読) たかき りょうすけ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Signature-collecting Behavior and Personal Network in Case of Referendum on Daiju Dam  (日) 吉野川可動堰をめぐる徳島市民の署名活動とパーソナルネットワーク   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The purpose of this paper is to examine the relationship between individuals' signature-collecting behavior and their personal networks based on a case study on a referendum about the Daiju Dam. For the analysis, I have used New Year's Cards as a methodological tool. For the collection of signatures as many as possible, the activists involved in the campaign utilized their personal networks. However, since the signature-collecting activity is a political action, it is not always the case that the more personal networks activists possess, the more friends and acquaintances they ask for signing the petition and obtain their signatures. That is, whom activists call on collecting signatures depend on how and when they have made their own personal networks in the course of their life. Furthermore, this paper analyzed activists deliberately choose the person for asking the signatures for the petition, regardless of the level of intimacy with them.  (日) 本稿は,署名行動に対するパーソナルネットワークの関係を,可動堰計画に関する住民投票運動で署名活動をおこなった人への年賀状調査から明らかにする.なるべく多くの署名を集めるために,活動家は自身のパーソナルネットワークを十分に活用し,できるだけたくさんの知り合いに署名をお願いするかもしれないが,他方,署名行動は政治的な行為であるため,パーソナルネットワークの広がりが必ずしも多くの署名獲得に結びつくものではないとも考えられる.調査,分析の結果として,誰に署名をお願いするかは活動家がライフヒストリー上においてどのようなパーソナルネットワークを形成してきたかに依存していること,署名をお願いする相手は親しさに関係なく慎重に選択されていること,ということが明らかになった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 東京都立大学.都市研究所 [継承]
誌名 (必須): 総合都市研究 ([東京都立大学.都市研究所])
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 76 [継承]
(必須): 129 143 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 12月 25日 (平成 13年 12月 25日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 矢部 拓也, 高木 竜輔 : 吉野川可動堰をめぐる徳島市民の署名活動とパーソナルネットワーク, 総合都市研究, (巻), No.76, 129-143, 2001年.
欧文冊子 ● Takuya YABE and ryousuke takaki : Signature-collecting Behavior and Personal Network in Case of Referendum on Daiju Dam, Comprehensive Urban Studies, (巻), No.76, 129-143, 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.45, Max(EID) = 382694, Max(EOID) = 1022071.