『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=78070)

EID=78070EID:78070, Map:0, LastModified:2010年7月26日(月) 16:32:51, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.弘前大学 [継承]
著者 (必須): 1.吉田 浩
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ウェーバーとヘーゲル   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 佐久間考正氏の『ウェーバーとマルクス』における所説を中心として   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) ウェーバーのヘーゲル批判に鑑みウェーバー,マルクス問題をヘーゲルにまで遡って捉えるべきだとする佐久間氏の指摘を受け入れ流出論というウェーバーのヘーゲル批判は誤謬であり,ヘーゲルはウェーバーの抽象的普遍とは異なり普遍が特殊を含蓄する具体的普遍概念を採り,それに基づき萌芽からの発展として事柄の定在の必然性を洞察していたことを解明し,合わせてこの方法のマルクスによる継承をも明らかとした   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) (日) 弘前大学教養部 (読) ひろさきだいがくきょうようぶ [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 弘前大学教養部文化紀要 (読) ぶんかきよう
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): 25 [継承]
(必須): 1 38 [継承]
都市 (任意): 青森 (Aomori/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1987年 3月 初日 (昭和 62年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 吉田 浩 : ウェーバーとヘーゲル, --- 佐久間考正氏の『ウェーバーとマルクス』における所説を中心として ---, 弘前大学教養部文化紀要, (巻), No.25, 1-38, 1987年.
欧文冊子 ● Hiroshi Yoshida : ウェーバーとヘーゲル, 弘前大学教養部文化紀要, (巻), No.25, 1-38, 1987.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.76, Max(EID) = 382230, Max(EOID) = 1021024.