『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=77701)

EID=77701EID:77701, Map:0, LastModified:2007年7月24日(火) 09:46:49, Operator:[中山 信太郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中山 信太郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.自然システム学科 (1993年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Daito I. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Akimune H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Austin M. S. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Bazin D. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Berg A. P. G. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Brown A. J. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Davids S. B. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Fujita Y. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Fujimura H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Fujiwara M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) Hazama R. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) Inomata T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13. (英) Ishibashi K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14. (英) Janecke J. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15.中山 信太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16. (英) Pham K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
17. (英) Roberts A. D. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
18. (英) Sherrill M. B. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
19. (英) Steiner M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
20. (英) Tamii A. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
21. (英) Tanaka M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
22. (英) Toyokawa H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
23. (英) Yosoi M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The (t,3He) measurement at intermediate energy at NSCL  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 127-MeV/Aでのtを用いて, (t,3He)反応で励起されたアイソベクトター状態を9Be, 10B, 11B, 12C, 13C原子核で調べた.反応粒子3Heは0°で測定した.tビームは9Be標的によるα粒子の分解反応で得られた.得られたtビーム分解能は780 keVであった.0°散乱断面積は10Beと11BeのGT励起強度を議論するのに用いられた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): World Scientific [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須): - [継承]
(必須): 453 455 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 7月 初日 (平成 9年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● I. Daito, H. Akimune, S. M. Austin, D. Bazin, G. A. P. Berg, J. A. Brown, B. S. Davids, Y. Fujita, H. Fujimura, M. Fujiwara, R. Hazama, T. Inomata, K. Ishibashi, J. Janecke, Shintaro Nakayama, K. Pham, D. A. Roberts, B. M. Sherrill, M. Steiner, A. Tamii, M. Tanaka, H. Toyokawa and M. Yosoi : The (t,3He) measurement at intermediate energy at NSCL, Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei, (巻), No.-, 453-455, 1997.
欧文冊子 ● I. Daito, H. Akimune, S. M. Austin, D. Bazin, G. A. P. Berg, J. A. Brown, B. S. Davids, Y. Fujita, H. Fujimura, M. Fujiwara, R. Hazama, T. Inomata, K. Ishibashi, J. Janecke, Shintaro Nakayama, K. Pham, D. A. Roberts, B. M. Sherrill, M. Steiner, A. Tamii, M. Tanaka, H. Toyokawa and M. Yosoi : The (t,3He) measurement at intermediate energy at NSCL, Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei, (巻), No.-, 453-455, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.85, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.