『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=77698)

EID=77698EID:77698, Map:0, LastModified:2007年7月24日(火) 09:46:13, Operator:[中山 信太郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中山 信太郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Akimune H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Daito I. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Fujimura H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Fujita Y. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Fujiwara M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Harake M. N. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Ihara F. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Janecke J. J. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Ishibashi K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Kohri H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.中山 信太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) Tamii A. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13. (英) Tanaka M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14. (英) Toyokawa H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15. (英) Yosoi M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Proton decays from spin-isospin excitations via the (3He,t) reactions at 450 MeV  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 208Pb(3He,t) 208Bi反応について調べた.450-MeV 3Heビームは大阪大学核物理研究センターのリングサイクロトロンで加速され,反応粒子tは磁気分析器''Grand RAIDEN''により0°方向で測定された.この入射エネルギーでGamow-Teller共鳴が強く励起された.その共鳴からの中性子-空孔状態への陽子放出について測定したところ,数%しか起こっていないことがわかった.ほぼ同じ励起エネルギー領域に観測されるIAS状態からの陽子放出の割合に比べて非常に小さいものになっている.理論値はこの結果に比べて約2.5倍大きい.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): World Scientific [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 274 279 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 7月 初日 (平成 9年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● H. Akimune, I. Daito, H. Fujimura, Y. Fujita, M. Fujiwara, N. M. Harake, F. Ihara, J. J. Janecke, K. Ishibashi, H. Kohri, Shintaro Nakayama, A. Tamii, M. Tanaka, H. Toyokawa and M. Yosoi : Proton decays from spin-isospin excitations via the (3He,t) reactions at 450 MeV, Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei, (巻), (号), 274-279, 1997.
欧文冊子 ● H. Akimune, I. Daito, H. Fujimura, Y. Fujita, M. Fujiwara, N. M. Harake, F. Ihara, J. J. Janecke, K. Ishibashi, H. Kohri, Shintaro Nakayama, A. Tamii, M. Tanaka, H. Toyokawa and M. Yosoi : Proton decays from spin-isospin excitations via the (3He,t) reactions at 450 MeV, Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei, (巻), (号), 274-279, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.87, Max(EID) = 362815, Max(EOID) = 970872.