『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=77694)

EID=77694EID:77694, Map:0, LastModified:2007年7月24日(火) 09:45:17, Operator:[中山 信太郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中山 信太郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.物質科学講座 (〜2009年3月31日) [継承]
2.計測科学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Harakeh N. M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Akimune H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Arimoto Y. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Daito I. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ejiri H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Fujimura H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Fujita Y. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Fujiwara M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.伏見 賢一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.物理科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.物理科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Ihara N. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11. (英) Inomata T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) Ishibashi K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13. (英) Janecke J.J. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14. (英) Kohri H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
15. (英) Matsuoka N. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
16. (英) Van der Molen H.K.T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
17.中山 信太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
18. (英) Takamura N. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
19. (英) Tamii A. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
20. (英) Tanaka M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
21. (英) Toyokawa H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
22. (英) Yoshimura M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
23. (英) Yosoi M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) What can we learn from particle- and gamma-decay of charge-exchange giant resonances?  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 荷電変換反応では巨大共鳴の1p-1hの集団運動を励起できるため,共鳴状態からの粒子崩壊過程を調べることで共鳴状態の幅について求められる.さらに,基底状態や低励起状態へのγ崩壊過程は共鳴状態が残留相互作用でsum-rule 強度がどれだけ他の状態へ失われるかの情報も与える.GTRの強度がどのような状態に逃げているのかを調べられる.208Biや12Cでの測定結果をもとにGTRの強度分布について議論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): World Scientific [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 247 263 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 7月 初日 (平成 9年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● M. N. Harakeh, H. Akimune, Y. Arimoto, I. Daito, H. Ejiri, H. Fujimura, Y. Fujita, M. Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, N. Ihara, T. Inomata, K. Ishibashi, J.J. Janecke, H. Kohri, N. Matsuoka, H.K.T. der Molen Van, Shintaro Nakayama, N. Takamura, A. Tamii, M. Tanaka, H. Toyokawa, M. Yoshimura and M. Yosoi : What can we learn from particle- and gamma-decay of charge-exchange giant resonances?, Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei, (巻), (号), 247-263, 1997.
欧文冊子 ● M. N. Harakeh, H. Akimune, Y. Arimoto, I. Daito, H. Ejiri, H. Fujimura, Y. Fujita, M. Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, N. Ihara, T. Inomata, K. Ishibashi, J.J. Janecke, H. Kohri, N. Matsuoka, H.K.T. der Molen Van, Shintaro Nakayama, N. Takamura, A. Tamii, M. Tanaka, H. Toyokawa, M. Yoshimura and M. Yosoi : What can we learn from particle- and gamma-decay of charge-exchange giant resonances?, Proceedings of Int. Symp. on New facet of spin giant resonances in nuclei, (巻), (号), 247-263, 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.65, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.