『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=77533)

EID=77533EID:77533, Map:0, LastModified:2021年3月3日(水) 16:06:27, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学部長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間社会文化講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) カーレン グロイ (読) かーれん ぐろい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.石田 三千雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 西洋と東洋における自然理解について   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 自然観のパラダイム転換へ向けて   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) カーレン·グロイの徳島大学での講演の翻訳.グロイはこの講演で,環境破壊などに見られるように自然科学が今日危機に瀕しているのは,西洋の機械論的パラダイムの帰結であることを指摘する.西洋のパラダイムと東洋のパラダイムの特徴をそれぞれ述べて比較検討し,東洋の有機的世界観の意義を肯定的に評価した上で,全体的な見方の転回としての「自然に対する倫理的な革命」がいまや要請されているとグロイは結論する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): 徳島大学.総合科学部 (1986年4月22日〜) [継承]
誌名 (任意): 徳島大学総合科学部人間社会文化研究 ([徳島大学.総合科学部])
(resolved by 0919-9411)
ISSN: 0919-9411 (pISSN: 0919-9411)
Title: 徳島大学総合科学部人間社会文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-3468)

ISSN (任意):
[継承]
(任意): 1 [継承]
(任意):
(任意): 29 47 [継承]
都市 (必須): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1994年 2月 初日 (平成 6年 2月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 11964 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 翻訳   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● カーレン グロイ, 石田 三千雄 : 西洋と東洋における自然理解について, --- 自然観のパラダイム転換へ向けて ---, 徳島大学 総合科学部, 徳島, 1994年2月.
欧文冊子 ● カーレン グロイ and Michio Ishida : 西洋と東洋における自然理解について, Faculty of Integrated Arts and Sciences, Tokushima University, Tokushima, Feb. 1994.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.22, Max(EID) = 374153, Max(EOID) = 1001966.