『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=77526)

EID=77526EID:77526, Map:0, LastModified:2021年3月3日(水) 16:06:28, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学部長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間社会文化講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 隈元 忠敬 (読) くまもと ちゅうけい
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.石田 三千雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 知のアンソロジー   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 第十四章 モナド論的現象学と社会性の基礎づけ   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) フッサールはエゴが孤立した主観ではなく,低次にも高次にも共同化されていることを示そうとした.私は『デカルト的省察』と『相互主観性の現象学』におけるモナド論的現象学の構図を明らかにし,モナド論が社会性の基礎づけ及び高次の社会性の構成として構想され,さらに文化世界の構成にも関わっていることを明らかにした.その中で併せてライプニッツとフッサールの思想的関係にも触れた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): 株式会社 ナカニシヤ出版 [継承]
誌名 (任意):
(任意):
(任意):
(任意): 263 281 [継承]
都市 (必須): 京都 (Kyoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1996年 8月 初日 (平成 8年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 隈元 忠敬, 石田 三千雄 : 知のアンソロジー, --- 第十四章 モナド論的現象学と社会性の基礎づけ ---, 株式会社 ナカニシヤ出版, 京都, 1996年8月.
欧文冊子 ● 隈元 忠敬 and Michio Ishida : 知のアンソロジー, Nakanishiya Shuppan CO.,LTD, Kyoto, Aug. 1996.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.41, Max(EID) = 374153, Max(EOID) = 1001966.