『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=77496)

EID=77496EID:77496, Map:0, LastModified:2004年1月5日(月) 14:42:49, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[三浦 哉], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科 (1993年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 杉山 康司 (読) すぎやま やすじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 河合 学 (読) かわい まなぶ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 松井 健 (読) まつい けん
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.三浦 哉 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.スポーツ健康分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) (日) 富田 寿人 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 富士登山時における心拍応答と急性高山病   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 富士登山を安全で快適に楽しむためのガイドライン作成の手掛かりを得るために,富士登山時の心拍応答の特性を明らかにしようとした.その結果,急性高山病症状を訴えない被検者では平均50∼60%HRRであったのに対して,急性高山病症状を訴えた被検者では高い心拍水準を示していた.したがって,富士登山の登板ペースとしては50∼60%HRRを超えないように計画することが望ましいと考えられた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 静岡大学 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 静岡大学教養部研究報告(自然科学編) (読) しずおかだいがくきょうようぶけんきゅうほうこく しぜんかがくへん
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 30 [継承]
(必須):
(必須): 73 83 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1994年 0月 初日 (平成 6年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 杉山 康司, 河合 学, 松井 健, 三浦 哉, 富田 寿人 : 富士登山時における心拍応答と急性高山病, 静岡大学教養部研究報告(自然科学編), Vol.30, (号), 73-83, 1994年.
欧文冊子 ● 杉山 康司, 河合 学, 松井 健, Hajime Miura and 富田 寿人 : 富士登山時における心拍応答と急性高山病, 静岡大学教養部研究報告(自然科学編), Vol.30, (号), 73-83, 1994.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 0.23, Max(EID) = 393904, Max(EOID) = 1066966.