『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=77036)

EID=77036EID:77036, Map:[2003/機能性高分子材料特論], LastModified:2007年12月28日(金) 19:37:51, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Topics in Functional Polymer Materials (日) 機能性高分子材料特論 (読) きのうせいこうぶんしざいりょうとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2004/[化学応用工学専攻]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英) Various functional polymer materials are discussed in terms of molecular design, special functions, and function mechanisms. Some fundamentals of functional polymers are surveyed as lectures, followed by exercises in recent topics on the functional materials. The understanding is evaluated on the basis of reports and presentations including oral examination. 1. Classification of functional polymer materials. 2. Functional groups and polymer effect. 3. Preparation and polymerization of functional monomers. 4. Functionalization with polymer reactions. 5. Natural polymers and their applications. 6. Polymers for separation technology. 7. Water-soluble polymers and hydrogels. 8. Biocompatibility and biodegradability. 9. Optical and electronic materials. 10. Rheologically controllable materials.  (日) ある特定の働きを持った高分子材料を合成するための方法とその機能発現メカニズムの理解を目的とする.高分子物質を用いた機能性材料の急速な進歩に対応するため,機能性高分子材料全般についての総論に続いて,最近のトピックスに重点を置いた文献講読演習を取り入れて各論的に講義を進める.項目ごとに宿題を課し,自主学習成果をレポートや口頭発表させることにより,理解を促すとともに文章力やプレゼンテーションによる表現力を高めることも目標とする. 1.機能性高分子材料の分類 2.機能性官能基と高分子効果 3.機能性モノマーの合成と重合 4.高分子反応による機能化 5.天然高分子の機能とその利用 6.分離機能高分子 7.親水性高分子とハイドロゲル 8.生体適合性·生分解性高分子 9.光学材料および電子材料 10.レオロジー機能材料   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須):
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2003/機能性高分子材料特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2003/機能性高分子材料特論) 閲覧 【授業概要】(2004/機能性高分子材料特論) 閲覧 【授業概要】(2005/機能性高分子材料特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 機能性高分子材料特論 / Advanced Topics in Functional Polymer Materials
欧文冊子 ● Advanced Topics in Functional Polymer Materials / 機能性高分子材料特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.45, Max(EID) = 359744, Max(EOID) = 963447.