『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=76528)

EID=76528EID:76528, Map:[2003/プログラミング技法及び演習], LastModified:2007年12月28日(金) 20:13:59, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[野田 稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) Programming Methodology and Exercise (日) プログラミング技法及び演習 (読) ぷろぐらみんぐぎほうおよびえんしゅう
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2004/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.滑川 達 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.野田 稔
肩書 (任意):
[継承]
3.三神 厚
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 建設工学に関連する科学技術計算を実施する上で必要となるプログラミング及び計算手法に関する知識の習得を目的とし,プログラミングによる問題解決能力を身につけることを目標とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 建設工学に関連する科学技術計算でよく用いられる基本的な計算手法(補間法,統計計算,数値積分,行列演算,常微分方程式,偏微分方程式)について講述し,その手法を使った実用的な計算処理プログラムの作成及び実行に関する演習を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 情報処理を受講していること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) プログラムを作成し,問題を解決するためには,プログラムに使用する計算手法を覚えるのではなく,理解しなければならない.各回で扱う計算手法をよく理解し,自分の道具とできるように   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 建設工学分野でよく用いられる数値解析手法を理解し,FORTRANを用いてプログラムを作成できること.建設工学分野でよく用いられる数値解析手法を理解し,FORTRANを用いてプログラムを作成できること.  
[継承]
2.(英)   (日) 工学分野の基本的な問題に数値解析手法を適用し,FORTRANを用いてプログラムを作成できること.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 前半の概要·計算結果の表現方法  
[継承]
2.(英)   (日) 補間法  
[継承]
3.(英)   (日) 統計計算  
[継承]
4.(英)   (日) 数値積分1  
[継承]
5.(英)   (日) 数値積分2(流体問題への応用)  
[継承]
6.(英)   (日) 常微分方程式1  
[継承]
7.(英)   (日) 常微分方程式2(質点系の運動)  
[継承]
8.(英)   (日) 常微分方程式3(質点系の振動)  
[継承]
9.(英)   (日) 後半の概要·レポート作成法  
[継承]
10.(英)   (日) 行列演算  
[継承]
11.(英)   (日) 連立一次方程式  
[継承]
12.(英)   (日) マトリックス法  
[継承]
13.(英)   (日) 逆行列と行列式  
[継承]
14.(英)   (日) 偏微分方程式1(差分解法)  
[継承]
15.(英)   (日) 偏微分方程式2(波動方程式への適用)  
[継承]
16.(英)   (日) 予備日  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組みと,テーマ毎に課されるレポートによって,成績を評価する.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 到達目標の2項目が達成されているかを,授業への取り組み(20%),各テーマ毎に課すレポート(80%)で評価し,到達目標の2項目が各々60%以上を合格とする(出席点は加えない).   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科の教育目標の2(2)10%,2(3)30%,3(5)20%,4(1)30%,4(2)10%に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 数値解析 情報処理入門コース,戸川隼人,岩波書店   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) FORTRAN77入門-改訂版-,浦昭二編,培風館   [継承]
2.(英)   (日) 数値計算の常識,伊理正夫,藤野和健,共立出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.野田 稔
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.三神 厚
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2003/プログラミング技法及び演習)
            →閲覧 【授業概要】(2002/プログラミング技法及び演習(FORTRANクラス))
                →閲覧 【授業概要】(2001/プログラミング技法及び演習(FORTRANクラス))
                    →閲覧 【授業概要】(2000/プログラミング技法及び演習(FORTRANクラス))
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2003/プログラミング技法及び演習) 閲覧 【授業概要】(2004/プログラミング技法及び演習) 閲覧 【授業概要】(2005/プログラミング技法及び演習)

標準的な表示

和文冊子 ● プログラミング技法及び演習 / Programming Methodology and Exercise
欧文冊子 ● Programming Methodology and Exercise / プログラミング技法及び演習

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2) 閲覧【担当授業】…(5)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 1, LA = 0.82, Max(EID) = 375653, Max(EOID) = 1006529.