『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=76491)

EID=76491EID:76491, Map:[2003/有機合成化学], LastModified:2007年12月28日(金) 20:15:40, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) Synthetic Organic Chemistry (日) 有機合成化学 (読) ゆうきごうせいかがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2004/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.津嘉山 正夫
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 基礎有機化学,有機化学で学習した知識にアルコール,エーテル,カルボニル化合物及びアミンの化学を学び,基礎的有機合成化学に使える知識を学習させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) アルコール,エーテル,カルボニル化合物の求核付加反応·脱離反応,リンイリド及びアミンの性質,合成,反応について講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 基礎有機化学,有機化学を履修していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 電子の動きの理解を深め,保護基の利用方法,カルボニル化合物の求核付加反応を理解する.2.アミンの塩基性,合成,反応を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 有機反応の復習  
[継承]
2.(英)   (日) アルコールの反応  
[継承]
3.(英)   (日) アルコールの合成  
[継承]
4.(英)   (日) エーテルの合成·反応  
[継承]
5.(英)   (日) カルボニル化合物の性質と合成,小テスト  
[継承]
6.(英)   (日) アルデヒドの求核付加反応  
[継承]
7.(英)   (日) ケトンの求核付加反応(1)  
[継承]
8.(英)   (日) ケトンの求核付加反応(2)  
[継承]
9.(英)   (日) イリドの合成と反応  
[継承]
10.(英)   (日) アミンの塩基性  
[継承]
11.(英)   (日) アミンの反応  
[継承]
12.(英)   (日) アミンの合成  
[継承]
13.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
14.(英)   (日) 予備日  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への姿勢·レポート及び中間試験·定期試験(4:6)の結果により総合して評価する.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) マクマリ-有機化学(上中下)伊東·他訳(東京化学同人)   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) ボルハルト·ショア-現代有機化学(化学同人)   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.津嘉山 正夫
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]
2.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2003/有機合成化学)
            →閲覧 【授業概要】(2002/有機合成化学)
                →閲覧 【授業概要】(2001/有機合成化学)
                    →閲覧 【授業概要】(2000/有機合成化学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2003/有機合成化学) 閲覧 【授業概要】(2004/有機合成化学) 閲覧 【授業概要】(2005/有機合成化学)

標準的な表示

和文冊子 ● 有機合成化学 / Synthetic Organic Chemistry
欧文冊子 ● Synthetic Organic Chemistry / 有機合成化学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(5)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 3, LA = 0.53, Max(EID) = 372215, Max(EOID) = 994792.