『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=76245)

EID=76245EID:76245, Map:[2003/半導体物理], LastModified:2007年12月28日(金) 20:16:05, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) Quantum Mechanics for Semiconductor Physics (日) 量子工学基礎 (読) りょうしこうがくきそ
[継承]
コース (必須): 1.2004/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.西野 克志 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 半導体材料の性質や半導体デバイスの動作原理を理解するために必要とな る半導体内の電子に関する基礎物理概念を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 半導体材料の性質や半導体デバイスの動作原理を理解するためには,量子 力学的基礎に基づいて半導体内の電子の状態を知ることが不可欠となる. 授業では, 最初に原子の電子状態,半導体結晶の構造および必要とされる概念,定理について修 得し,次に結晶内での電子状態について解析方法とその結果得られるエネルギーバン ド構造,およびブリルアン帯,有効質量等の重要な概念を修得する.また修得した基 礎概念をもとにして半導体内の電子状態とその特性について理解を深める.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 「量子力学」を履修していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) .   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 半導体の基礎物性を解析するために必要となる諸概念,定理を理解している.  
[継承]
2.(英)   (日) 半導体内電子のエネルーギーバンドの考え方,これに関係する諸概念を理解し, 強束縛の方法によりエネルギーバンド構造の解析ができる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 原子の電子状態,電子の波動関数  
[継承]
2.(英)   (日) 多電子原子  
[継承]
3.(英)   (日) 周期的ポテンシャル中の電子,バンドの形成  
[継承]
4.(英)   (日) 結晶構造,結晶の周期性  
[継承]
5.(英)   (日) ダイヤモンド構造,立方硫化亜鉛構造,六方硫化亜鉛構造  
[継承]
6.(英)   (日) 逆格子ベクトル,第一ブリルアン領域  
[継承]
7.(英)   (日) ブロッホの定理  
[継承]
8.(英)   (日) 前期試験 (到達目標1.の評価)  
[継承]
9.(英)   (日) エネルギーバンド  
[継承]
10.(英)   (日) 状態密度とフェルミ-ディラックの分布  
[継承]
11.(英)   (日) 直接ギャップ半導体と間接ギャップ半導体  
[継承]
12.(英)   (日) 電子,正孔の有効質量  
[継承]
13.(英)   (日) 強束縛 (LCAO) の方法,分子軌道と重なりパラメータ  
[継承]
14.(英)   (日) 強束縛の方法によるエネルギーバンド構造の解析  
[継承]
15.(英)   (日) 後期試験 (到達目標2.の評価)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 到達目標が達成されているかを試験75%,レポート25%で評価し,あわせて60%以上あれば合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) .   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (C)工学基礎30%,(E)専門分野(物性デバイス)70%   [継承]
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 配布するプリントを教科書として使用.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) C.Kittel「固体物理学入門 上」丸善   [継承]
2.(英)   (日) .A.ハリソン「固体の電子構造と物性 上巻」現代工学社   [継承]
3.(英)   (日) P.Y.ユー 「半導体の基礎」 シュプリンガー·フェアラーク東京   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.西野 克志 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2003/半導体物理)
            →閲覧 【授業概要】(2002/半導体物理)
                →閲覧 【授業概要】(2001/半導体物理)
                    →閲覧 【授業概要】(2000/半導体物理)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2003/半導体物理) 閲覧 【授業概要】(2004/量子工学基礎) 閲覧 【授業概要】(2005/量子工学基礎)

標準的な表示

和文冊子 ● 量子工学基礎 / Quantum Mechanics for Semiconductor Physics
欧文冊子 ● Quantum Mechanics for Semiconductor Physics / 量子工学基礎

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 3, LA = 1.00, Max(EID) = 375604, Max(EOID) = 1006441.