『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=75833)

EID=75833EID:75833, Map:0, LastModified:2003年12月19日(金) 16:11:14, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[山本 真由美], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.関西保育福祉専門学校 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hatta Takeshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.山本 真由美 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.人間科学系.心理学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.心身健康コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kawabata Yohko (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Functional hemispheric difference in schizophrenia: interhemispheric transfer deficit or selective hemisphere dysfunction?  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 精神分裂病者の脳機能について左大脳半球機能不全説と左右大脳半球機能間の統合不全説が提出されている.その仮説を明らかにするために精神分裂病者を対象に触-視マッチング課題を実施した.その結果,左右大脳半球機能間の統合不全説を示すものとなった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) schizophrenia (日) (読) [継承]
2. (英) hemispheric difference (日) (読) [継承]
3. (英) interhemispheric transfer deficit (日) (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Biological Psychiatry (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 19 [継承]
(必須):
(必須): 1027 1036 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1984年 0月 初日 (昭和 59年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takeshi Hatta, Mayumi YAMAMOTO and Yohko Kawabata : Functional hemispheric difference in schizophrenia: interhemispheric transfer deficit or selective hemisphere dysfunction?, Biological Psychiatry, Vol.19, (号), 1027-1036, 1984.
欧文冊子 ● Takeshi Hatta, Mayumi YAMAMOTO and Yohko Kawabata : Functional hemispheric difference in schizophrenia: interhemispheric transfer deficit or selective hemisphere dysfunction?, Biological Psychiatry, Vol.19, (号), 1027-1036, 1984.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.13, Max(EID) = 377164, Max(EOID) = 1010003.