『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=75375)

EID=75375EID:75375, Map:0, LastModified:2007年7月24日(火) 09:38:41, Operator:[中山 信太郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中山 信太郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.物質科学講座 (〜2009年3月31日) [継承]
2.計測科学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.中山 信太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Spin-Isospin Excitation Modes through the (7Li,7Be) Reaction  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) (7Li,7Be)反応において反応粒子7Beとそのγ線を同時計数することで,この反応で励起された状態が電気的(ΔS=0)励起によるものか磁気的(ΔS=1)励起によるものかを知ることができる.このようなΔS=0とΔS=1の分離は他の反応にない特徴があり,原子核のスピン-アイソスピン応答関数を知る上で非常に重要である.この特長を利用してそれぞれのモードの巨大共鳴を調べることができる.また,原子核におけるΔS=0とΔS=1の励起がどのような分布をするかを調べられる.この反応の特徴について言及し,中間エネルギー領域における(7Li,7Be)反応の有効性についてその見通しについて議論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): World Scientific [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of Tours Symp. on Nuclear Physics II, Tours, France, 1994-9 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 542 549 [継承]
都市 (任意): (英) Tours, France (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1995年 9月 15日 (平成 7年 9月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shintaro Nakayama : Spin-Isospin Excitation Modes through the (7Li,7Be) Reaction, Proceedings of Tours Symp. on Nuclear Physics II, Tours, France, 1994-9, (巻), (号), 542-549, 1995.
欧文冊子 ● Shintaro Nakayama : Spin-Isospin Excitation Modes through the (7Li,7Be) Reaction, Proceedings of Tours Symp. on Nuclear Physics II, Tours, France, 1994-9, (巻), (号), 542-549, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.63, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.