『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=75374)

EID=75374EID:75374, Map:0, LastModified:2007年7月24日(火) 09:37:54, Operator:[中山 信太郎], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[中山 信太郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.物質科学講座 (〜2009年3月31日) [継承]
2.計測科学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Harakeh N. M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Akimune H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Daito I. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Fujiwara M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Inomata T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Sakemi Y. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Fujita Y. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Greenfield B. M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Janecke J. J. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Katori K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.中山 信太郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
12. (英) Sakai H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
13. (英) Tanaka M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
14. (英) Yosoi M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Microscopic Structure of Charge-Exchange Spin-Flip Modes  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 208BiのGamow-Teller共鳴(GTR)とspin-dipole共鳴(SDR)を(3He,t)反応で励起し,共鳴状態からの陽子崩壊過程を測定して,共鳴状態の配位について調べた.反応粒子tは0°方向で,崩壊粒子は後方散乱角で検出し,同時計数測定した.シングルススペクトルとの比較から共鳴状態の配位についての情報を得た.3p1/2, 2f5/2, 3p3/2, 1i13/2, 2f7/2 の中性子空孔状態への陽子崩壊過程の幅を決定した.この値はこれまでの測定結果に反するものであったが,理論計算と良く一致する結果である.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): World Scientific [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of Tours Symp. on Nuclear Physics II, Tours, France, 1994-9 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 521 531 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 9月 15日 (平成 7年 9月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● M. N. Harakeh, H. Akimune, I. Daito, M. Fujiwara, T. Inomata, Y. Sakemi, Y. Fujita, M. B. Greenfield, J. J. Janecke, K. Katori, Shintaro Nakayama, H. Sakai, M. Tanaka and M. Yosoi : Microscopic Structure of Charge-Exchange Spin-Flip Modes, Proceedings of Tours Symp. on Nuclear Physics II, Tours, France, 1994-9, (巻), (号), 521-531, 1995.
欧文冊子 ● M. N. Harakeh, H. Akimune, I. Daito, M. Fujiwara, T. Inomata, Y. Sakemi, Y. Fujita, M. B. Greenfield, J. J. Janecke, K. Katori, Shintaro Nakayama, H. Sakai, M. Tanaka and M. Yosoi : Microscopic Structure of Charge-Exchange Spin-Flip Modes, Proceedings of Tours Symp. on Nuclear Physics II, Tours, France, 1994-9, (巻), (号), 521-531, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.00, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.