『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74973)

EID=74973EID:74973, Map:0, LastModified:2015年1月15日(木) 13:51:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[宇都 義浩], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.永澤 秀子 (岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
役割 (任意): (英)   (日) 合成計画の立案,活性試験,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.堀 均
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Phenolic natural product isoprenomics; first total synthesis of artepillin C and medicinal approach for artepillin C analogues  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,プロポリスの生理活性成分として注目される,artepillin Cの初の全合成を達成した.さたにこれをリード化合物としてアルキルフェノール誘導体を分子設計·合成し,そのミトコンドリア呼吸阻害活性及び脂質過酸化阻害活性についても検討した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 226th ACS National Meeting (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): ニューヨーク (New York/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 9月 7日 (平成 15年 9月 7日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Phenolic natural product isoprenomics; first total synthesis of artepillin C and medicinal approach for artepillin C analogues, 226th ACS National Meeting, (巻), (号), (頁), New York, Sep. 2003.
欧文冊子 ● Yoshihiro Uto, Hideko Nagasawa and Hitoshi Hori : Phenolic natural product isoprenomics; first total synthesis of artepillin C and medicinal approach for artepillin C analogues, 226th ACS National Meeting, (巻), (号), (頁), New York, Sep. 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.65, Max(EID) = 361906, Max(EOID) = 968323.