『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74862)

EID=74862EID:74862, Map:0, LastModified:2007年12月28日(金) 19:30:18, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2003年 (平成 15年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Synthetic Organic Chemistry (日) 有機合成化学特論 (読) ゆうきごうせいかがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2003/[徳島大学.工学研究科.化学応用工学専攻]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.河村 保彦 ([徳島大学])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英) When the typical first-year students of the master course pick up an issue of the journals concerning organic chemistry, they find the real world to be mostly out of reach. The lecture is intended to bridge the gap and equip a student to delve into new material. To achieve the goal, the lecture reassembles the knowledge of basic organic chemistry to the one based on the structure and reactivity. A lecture item is as follows. 1. Advanced nomenclature of complicated organic compounds. 2. Searching the literature. 3. Stereochemistry. 4. Synthesis of functional groups. 5. Carbon-carbon bond formation. 6. Planning multistep syntheses. 7. Mechanisms and predictions. 8. Electron delocalization, aromatic character, and concerted reactions. 9. Physical influences on reactions. 10. Structure determination.  (日) 学部課程で修得した基礎的な各論有機化学の知識では,実際の学術雑誌に触れた時,内容の把握にかなり困難を伴うことがある.本講義では,有機化学を主として構造と反応の両面から再構築すると共に,この格差を少なくすることを目指す.この目的達成をねらいとして,以下の項目で講義を行う. 1.より複雑な有機化合物の命名法 2.実際的な文献検索の方法 3.立体化学 4.官能基合成法 5.炭素-炭素結合生成法 6.多段階合成構築法 7.反応機構と反応予測 8.電子の非局在化,芳香族性,協奏反応 9.反応に対する物理的影響 10.機器分析による構造解析   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須):
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2003/有機合成化学特論) 閲覧 【授業概要】(2004/有機合成化学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 有機合成化学特論 / Advanced Synthetic Organic Chemistry
欧文冊子 ● Advanced Synthetic Organic Chemistry / 有機合成化学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 3, LA = 0.83, Max(EID) = 375599, Max(EOID) = 1006435.