『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74733)

EID=74733EID:74733, Map:0, LastModified:2007年12月28日(金) 19:18:47, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2003年 (平成 15年) [継承]
名称 (必須): (英) Actuator Control (日) アクチュエーター制御 (読) あくちゅえーたーせいぎょ
[継承]
コース (必須): 1.2003/[徳島大学.工学研究科.機械工学専攻]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.橋本 強二
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英) The purpose of this lecture is to give an explanation on the tendency of hydraulic and pneumatic controls, the structure and function of hydraulic & pneumatic actuators or control valves, the design of servo mechanism, the practical and intelligent control algorithms for machines driven by hydraulic and pneumatic actuators. The applications of these control strategies are also included. A lecture item is as follows. A report is also imposed on every lecture item, and the understanding is stimulated. 1. Tendency of hydraulic and pneumatic controls. 2. Structure and function of hydraulic & pneumatic actuators or control valves. 3. Design of servo mechanism. 4. Actuator control by PWM or PCM control methods. 5. Servo systems by adaptive control, neural network and two-degree-of-freedom control algorithms.  (日) 本講義では,油空圧制御の動向,各種油空圧アクチュエータおよび制御弁の構造と機能,サーボ機構の設計法,PWM,PCM制御法を用いたアクチュエータ制御,油空圧アクチュエータによって駆動される機械に対する実際的および知識形制御アルゴリズムについて論じる.これらの制御則を用いた応用例も含める.講義項目は次のとおりである.講義項目ごとにレポートを課し,理解を促す. 1.油空圧制御の動向 2.各種油空圧アクチュエータ·制御弁の構造と機能 3.サーボ機構の基本設計法 4.PWMおよびPCM制御法を用いたアクチュエータ制御 5.適応制御法·ニューラルネットワーク·2自由度制御法を用いたサーボシステム   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須):
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2003/アクチュエーター制御) 閲覧 【授業概要】(2004/アクチュエーター制御)

標準的な表示

和文冊子 ● アクチュエーター制御 / Actuator Control
欧文冊子 ● Actuator Control / アクチュエーター制御

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.80, Max(EID) = 382171, Max(EOID) = 1020891.