『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74608)

EID=74608EID:74608, Map:0, LastModified:2017年12月14日(木) 13:24:39, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tagami Takanori (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 全頁執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意): 50 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Design of robust pole assignment based on Pareto-optimal solutions  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) PID型の補償器を用いた制御系設計においては, 速応性と振動抑制性のトレードオフをとりながら, パラメータを調整することが多い. この調整は一般に試行錯誤によって行われ, 経験を積んだ現場のオペレータでないと調整は難しいと言われている. 筆者らは, この調整を速応性と振動抑制性の2目的最適化問題として捉え, 遺伝的アルゴリズムによる多点探索を用い, パレート最適解集合をオペレータに提示することによって, 調整における試行錯誤の低減を図った.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) robust pole assignment (日) (読) [継承]
2. (英) polytope of polynomials (日) (読) [継承]
3. (英) edge theorem (日) (読) [継承]
4. (英) genetic algorithm (日) (読) [継承]
5. (英) Pareto-optimal solutions (日) (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Asian Journal of Control (Chinese Automatic Control Society/Asian Control Professors' Association)
(pISSN: 1561-8625, eISSN: 1934-6093)

ISSN (任意): 1561-8625
ISSN: 1561-8625 (pISSN: 1561-8625, eISSN: 1934-6093)
Title: Asian journal of control
Title(ISO): Asian J Control
Supplier: Chinese Automatic Control Society
Publisher: Wiley-Blackwell, Richmond.
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 195 205 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2003年 6月 初日 (平成 15年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1111/j.1934-6093.2003.tb00111.x    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意): 000185513600004 [継承]
Scopus (任意): 2-s2.0-0141928910 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takanori Tagami and Kenji Ikeda : Design of robust pole assignment based on Pareto-optimal solutions, Asian Journal of Control, Vol.5, No.2, 195-205, 2003.
欧文冊子 ● Takanori Tagami and Kenji Ikeda : Design of robust pole assignment based on Pareto-optimal solutions, Asian Journal of Control, Vol.5, No.2, 195-205, 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.31, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998586.