『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74500)

EID=74500EID:74500, Map:0, LastModified:2018年10月24日(水) 11:48:38, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として,研究手法の提案,評価,および論文執筆を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Ashibe Kazuhiko (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.矢野 米雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Natural Language Speech Recognition Using Finite-State Approximation for Context-Free Grammars  (日) 文脈自由文法の有限状態近似を用いた自然言語音声認識   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper first presents a continuous speech recognition system using an LR state transition table, which is a finite-state approximation for a context-free grammar. Then, we propose a forwrad-FSA backward-CFG search algorithm for accurate continuous speech recognition.  (日) 文脈自由文法を有限状態オートマトンで近似したLR状態遷移表を用いた連続音声認識手法を提案した.また,前向き探索を有限オートマトン制御で行い,後ろ向き探索を文脈自由文法制御で行う連続音声認識手法の提案も行った.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) 3rd International Conference on Fuzzy Logic (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Neural Nets and Soft Computing (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 537 538 [継承]
都市 (必須): (英) Iizuka. Japan (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1994年 8月 1日 (平成 6年 8月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Kita, Kazuhiko Ashibe and Yoneo Yano : Natural Language Speech Recognition Using Finite-State Approximation for Context-Free Grammars, Neural Nets and Soft Computing, (巻), (号), 537-538, Iizuka. Japan, Aug. 1994.
欧文冊子 ● Kenji Kita, Kazuhiko Ashibe and Yoneo Yano : Natural Language Speech Recognition Using Finite-State Approximation for Context-Free Grammars, Neural Nets and Soft Computing, (巻), (号), 537-538, Iizuka. Japan, Aug. 1994.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.80, Max(EID) = 376435, Max(EOID) = 1008180.