『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74390)

EID=74390EID:74390, Map:0, LastModified:2018年10月24日(水) 11:48:36, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 筆頭著者として,研究手法の提案,評価,および論文執筆を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kato Yasuhiko (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Omoto Takashi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.矢野 米雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Automatically Extracting Collocations from Corpora for Language Learning  (日) 言語学習に向けたコーパスからのコロケーションの自動抽出   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper takes up a collocational knowledge acquisition problem, and discuss the following points: (1) Why is collocational knowledge so important in language learning? (2) What measures can we use to automatically extract collocations from corpora? and (3) What characteristics does each measure have?  (日) 大規模言語データであるコーパスから,言語学習にとり有用な連語表現(コロケーション)の自動獲得の問題を取り上げ,(1)言語学習における連語表現の重要性,(2)コーパスから連語表現を抽出するための尺度,(3)それぞれの尺度の特徴,などについて論じた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) International Conference on Teaching and Language Corpora (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 53 64 [継承]
都市 (必須): (英) Lancaster, U.K. (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1994年 4月 13日 (平成 6年 4月 13日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Kita, Yasuhiko Kato, Takashi Omoto and Yoneo Yano : Automatically Extracting Collocations from Corpora for Language Learning, International Conference on Teaching and Language Corpora, (巻), (号), 53-64, Lancaster, U.K., April 1994.
欧文冊子 ● Kenji Kita, Yasuhiko Kato, Takashi Omoto and Yoneo Yano : Automatically Extracting Collocations from Corpora for Language Learning, International Conference on Teaching and Language Corpora, (巻), (号), 53-64, Lancaster, U.K., April 1994.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.66, Max(EID) = 376442, Max(EOID) = 1008189.