『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=74048)

EID=74048EID:74048, Map:0, LastModified:2018年9月25日(火) 14:33:49, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[部門長]/[徳島大学.大学院ソシオテクノサイエンス研究部.情報ソリューション部門]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.山本 米雄 (->個人[矢野 米雄])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kashihara Akihiro (日) 柏原 昭博 (読) かしはら あきひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 知識定着を目的とした開放型CAIのモデル化   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 知識教授を目的としたCAIでは,知識伝達がシステムから学習者への一方向である.このため,学習者が受け身になるなどの弊害が生じる.そこで,本論文では学習者の動機付け,学習意欲の向上を重視して.開放型CAIを提案する.開放型CAIは,自由に学習する課程を通して学習者から知識を獲得する枠組みを持つ.そして,獲得知識に対して教育効果をねらい学習者に知識をフィードバックする.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会論文誌(D-II) ([電子情報通信学会])
(resolved by 0915-1923)
ISSN: 0915-1923 (pISSN: 0915-1923)
Title: 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理
Supplier: 一般社団法人電子情報通信学会
 (Webcat Plus  (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): J72-D-II [継承]
(必須): 9 [継承]
(必須): 1459 1471 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1989年 9月 1日 (平成 元年 9月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) J50  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 山本 米雄, 柏原 昭博 : 知識定着を目的とした開放型CAIのモデル化, 電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J72-D-II, No.9, 1459-1471, 1989年.
欧文冊子 ● Yoneo Yamamoto and Akihiro Kashihara : 知識定着を目的とした開放型CAIのモデル化, The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers D-II, Vol.J72-D-II, No.9, 1459-1471, 1989.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.37, Max(EID) = 383309, Max(EOID) = 1024540.