『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=73922)

EID=73922EID:73922, Map:0, LastModified:2007年12月28日(金) 19:24:22, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[博士後期課程運営委員会委員長]/[徳島大学.工学研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2003年 (平成 15年) [継承]
名称 (必須): (英) Mathemaitcs and Information Theory (日) 数理情報論 (読) すうりじょうほうろん
[継承]
コース (必須): 1.2003/[徳島大学.工学研究科.情報システム工学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.長町 重昭
肩書 (任意):
[継承]
2.大渕 朗
肩書 (任意): 非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤]) [継承]
[継承]
3.澤下 教親
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須):
概要 (必須): (英) Lectures are given on the following subjects of modern mathematics: Topology, Manifolds, Homotopy groups, Homology algebras, Abstract algebras and Category theory by N. Sawashita. Functional analysis, Distribution theory, Theory of Hilbert spaces and Operator algebras by S. Nagamachi. In these lectures, we show how these modern mathematics are applied to physics and engineering.  (日) 位相幾何学,多様体論,抽象代数学,カテゴリー論,位相解析学及び量子力学に必要なヒルベルト空間論,作用素環論等の現代数学を講義する.更にこのような現代数学の抽象的な考え方が,種々の問題の解決に如何に役立ってきたかについて講義する. (長町重昭教授)超関数論,ヒルベルト空間論,作用素環論等の現代解析学の講義と,その理論が物理学や工学にどのように応用されているかを講義する. (澤下教親助教授)ホモトピー群,ホモロジー代数と位相幾何学の講義と,その理論の物理学や工学における応用をカタストローフ理論等を例に講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須):
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2003/数理情報論) 閲覧 【授業概要】(2004/数理情報論)

標準的な表示

和文冊子 ● 数理情報論 / Mathemaitcs and Information Theory
欧文冊子 ● Mathemaitcs and Information Theory / 数理情報論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(1)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.29, Max(EID) = 407248, Max(EOID) = 1103739.