『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=73259)

EID=73259EID:73259, Map:0, LastModified:2005年5月10日(火) 16:28:09, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科.社会科学講座 (2003年4月1日〜2009年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.前田 敦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) La relation entre la perception des fruits et la théorie des risques dans la vente d'un corps certain(2 end)  (日) 特定物売買における果実収取と危険負担の関係(二·完)   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) フランス民法を継受したと理解されながら,それと異なる果実収取権移転時期を定めるわが国の民法575条1項の起草趣旨をボワソナード旧民法典に遡って探求し,売買契約当事者間の利益およびリスク配分の態様を検証すると共に,買主による対価危険負担の根拠としてローマ法以来援用される「利益の帰するところに損失もまた帰する」の法格言の現代的意義を探る.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 慶應義塾大学 [継承]
誌名 (必須): 法學研究 ([慶應義塾大学])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 76 [継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 63 84 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 5月 28日 (平成 15年 5月 28日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 前田 敦 : 特定物売買における果実収取と危険負担の関係(二·完), 法學研究, Vol.76, No.5, 63-84, 2003年.
欧文冊子 ● Atsushi Maeda : La relation entre la perception des fruits et la théorie des risques dans la vente d'un corps certain(2 end), HOGAKU KENKYU, Vol.76, No.5, 63-84, 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.74, Max(EID) = 382692, Max(EOID) = 1022065.