『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=73072)

EID=73072EID:73072, Map:0, LastModified:2013年7月26日(金) 14:50:00, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[柳谷 伸一郎], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座 [継承]
著者 (必須): 1.柳谷 伸一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Nishikata Susumu (日) 西方 督 (読) にしかた すすむ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Sazaki Gen (日) 佐崎 元 (読) さざき げん
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Hoshino Akitaka (日) 星野 聡孝 (読) ほしの あきたか
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Nakajima Kazuo (日) 中嶋 一雄 (読) なかじま かずお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.井上 哲夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Recrystallization of Cu-phthalocyanine on KCl (0 0 1) substrates by annealing method  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 有機半導体の一種である銅フタロシアニンを,(001)面で劈開したKCl上で結晶化を行った.結晶化方法は,真空蒸着した後試料を焼鈍することにより行い,太さ数十nm,長さ数ミクロンのウィスカーが成長することを明らかにした.このウィスカーは,KCl<100>方向で尚かつ基板と約60°傾いた方位に配向していた.このような,有機半導体エピタキシャルウィスカーの存在は,本論文により世界で初めて明らかにされた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): Journal of Crystal Growth ([Elsevier])
(pISSN: 0022-0248)

ISSN (任意): 0022-0248
ISSN: 0022-0248 (pISSN: 0022-0248)
Title: Journal of crystal growth
Title(ISO): J Cryst Growth
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 254 [継承]
(必須): 1-2 [継承]
(必須): 244 250 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2003年 7月 初日 (平成 15年 7月 初日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/80015959912/ [継承]
DOI (任意): 10.1016/S0022-0248(03)01098-4    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 80015959912 [継承]
WOS (任意): 000183234700034 [継承]
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shin-ichiro Yanagiya, Susumu Nishikata, Gen Sazaki, Akitaka Hoshino, Kazuo Nakajima and Tetsuo Inoue : Recrystallization of Cu-phthalocyanine on KCl (0 0 1) substrates by annealing method, Journal of Crystal Growth, Vol.254, No.1-2, 244-250, 2003.
欧文冊子 ● Shin-ichiro Yanagiya, Susumu Nishikata, Gen Sazaki, Akitaka Hoshino, Kazuo Nakajima and Tetsuo Inoue : Recrystallization of Cu-phthalocyanine on KCl (0 0 1) substrates by annealing method, Journal of Crystal Growth, Vol.254, No.1-2, 244-250, 2003.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.83, Max(EID) = 373378, Max(EOID) = 999106.