『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=72737)

EID=72737EID:72737, Map:0, LastModified:2004年1月15日(木) 10:13:15, Operator:[西山 賢一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西山 賢一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Hiroko Yamaguchi (日) 山口 宏子 (読) やまぐち ひろこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Chiaki Oguchi (日) 小口 千明 (読) おぐち ちあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.西山 賢一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.地球科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用理数コース.地球科学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Yukinori Matsukura (日) 松倉 公憲 (読) まつくら ゆきのり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 阿蘇火砕流堆積物の岩石物性に関する予察的考察   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 大規模火砕流堆積物からなる火砕流台地の開析過程を検討するため,阿蘇火砕流堆積物の岩石物性(間隙径分布と,それにもとづく透水係数)を求めた.その結果,火砕流堆積物の溶結部と非溶結とでは明瞭に岩石物性が異なり,それが火砕流台地を開析する谷地形の地形形成プロセスにもある程度影響を及ぼしていることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 筑波大学 [継承]
誌名 (必須): 筑波大学陸域環境研究センター報告 ([筑波大学])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 1 [継承]
(必須):
(必須): 59 65 [継承]
都市 (任意): つくば (Tsukuba/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 2月 1日 (平成 12年 2月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 山口 宏子, 小口 千明, 西山 賢一, 松倉 公憲 : 阿蘇火砕流堆積物の岩石物性に関する予察的考察, 筑波大学陸域環境研究センター報告, Vol.1, (号), 59-65, 2000年.
欧文冊子 ● Yamaguchi Hiroko, Oguchi Chiaki, Ken-ichi Nishiyama and Matsukura Yukinori : 阿蘇火砕流堆積物の岩石物性に関する予察的考察, Bulletin of the Terrestrial Environment resarch Center, The University of Tsukuba, Vol.1, (号), 59-65, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.52, Max(EID) = 374865, Max(EOID) = 1004648.