『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=72319)

EID=72319EID:72319, Map:0, LastModified:2007年5月9日(水) 16:32:45, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.大学開放実践センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.薬学部 (1951年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.森田 秀芳
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Sakurai, Hiromu (日) 桜井 弘 (読) さくらいひろむ
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Shimomura, Shigeru (日) 下村 滋 (読) しもむらしげる
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Combined use of potassium iodide and L-ascorbic acid in solvent extraction and determination of methylmercuric compounds  (日) メチル水銀化合物の溶媒抽出定量法におけるヨウ化カリウムとL-アスコルビン酸の併用   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本分析化学会 [継承]
誌名 (必須): 分析化学 ([日本分析化学会])
(resolved by 0525-1931)
ISSN: 0525-1931 (pISSN: 0525-1931)
Title: 分析化学
Supplier: 公益社団法人日本分析化学会
Publisher: Japan Society for Analytical Chemistry
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 31 [継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 314 317 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1982年 6月 初日 (昭和 57年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 森田 秀芳, 桜井 弘, 下村 滋 : メチル水銀化合物の溶媒抽出定量法におけるヨウ化カリウムとL-アスコルビン酸の併用, 分析化学, Vol.31, No.6, 314-317, 1982年.
欧文冊子 ● Hideyoshi Morita, Hiromu Sakurai and Shigeru Shimomura : Combined use of potassium iodide and L-ascorbic acid in solvent extraction and determination of methylmercuric compounds, Bunseki Kagaku, Vol.31, No.6, 314-317, 1982.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.17, Max(EID) = 393878, Max(EOID) = 1066834.