『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=72120)

EID=72120EID:72120, Map:0, LastModified:2007年5月30日(水) 12:02:39, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[細井 和雄], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.歯学部.歯学科 [継承]
著者 (必須): 1.細井 和雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kurabuchi, Shingo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kikkawa, Yamato (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Tada, Jun (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.赤松 徹也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Yamanaka, Naoki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Matsumoto, Takuya (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.金森 憲雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.津村 恵子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Salivary gland tissue kallikrein family and processing of growth factor precursors and proenzymes.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) マウスの唾液腺(顎下腺)から得られる主要な組織カリクレインを同定しこれら酵素の有する成長因子前駆体プロセッシング活性について調べた.本研究ではこれら酵素の基質として天然の基質蛋白質(キニノゲン,およびプロレニン)に加えて各種合成基質を用いた.その結果,キニノーゲナーゼ活性の弱い組織カリクレインほど強いプロレニン変換活性を示すことがあきらかになった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): European Journal of Morphology (Swetz & Zeitlinger)
(resolved by 0924-3860)
ISSN: 0924-3860 (pISSN: 0924-3860, eISSN: 1744-4241)
Title: European journal of morphology
Title(ISO): Eur J Morphol
Publisher: Swets & Zeitlinger
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1744-4241)
ISSN: 0924-3860 (pISSN: 0924-3860, eISSN: 1744-4241)
Title: European journal of morphology
Title(ISO): Eur J Morphol
Publisher: Swets & Zeitlinger
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 36 [継承]
(必須): suppl [継承]
(必須): 82 85 [継承]
都市 (必須): (英) Cagliari, Italy (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1998年 8月 初日 (平成 10年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意): 3 [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kazuo Hosoi, Shingo Kurabuchi, Yamato Kikkawa, Jun Tada, Tetsuya Akamatsu, Naoki Yamanaka, Takuya Matsumoto, Norio Kanamori and Keiko Tsumura : Salivary gland tissue kallikrein family and processing of growth factor precursors and proenzymes., European Journal of Morphology, Vol.36, No.suppl, 82-85, Cagliari, Italy, Aug. 1998.
欧文冊子 ● Kazuo Hosoi, Shingo Kurabuchi, Yamato Kikkawa, Jun Tada, Tetsuya Akamatsu, Naoki Yamanaka, Takuya Matsumoto, Norio Kanamori and Keiko Tsumura : Salivary gland tissue kallikrein family and processing of growth factor precursors and proenzymes., European Journal of Morphology, Vol.36, No.suppl, 82-85, Cagliari, Italy, Aug. 1998.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.07, Max(EID) = 377096, Max(EOID) = 1009887.