『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=71939)

EID=71939EID:71939, Map:0, LastModified:2010年10月18日(月) 22:17:35, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.愛知学院大学.歯学部 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Satoh, Toyohiko (日) 佐藤 豊彦 (読) さとうとよひこ
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金森 憲雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Reticuro-reticular relationship during sleep and waking.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) Raphe 核,青斑核 ,中脳網様体,橋延髄網様体は,睡眠-覚醒のサイクルに重要な働きをすると目される部分である.ネコを用い,これら諸核に慢性電極を植え込んで,一つを刺激電極,他を記録電極(刺激電極·記録電極は相互に交代)として,覚醒,徐波睡眠,逆説睡眠期における誘発電位を記録した.反応性の変化を検討した結果,徐波睡眠が Raphe 核のみによって支配されるという仮説は支持されなかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Physiology & Behavior ([Brain Research Publications])
(resolved by 0031-9384)
ISSN: 0031-9384 (pISSN: 0031-9384, eISSN: 1873-507X)
Title: Physiology & behavior
Title(ISO): Physiol Behav
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1873-507X)
ISSN: 0031-9384 (pISSN: 0031-9384, eISSN: 1873-507X)
Title: Physiology & behavior
Title(ISO): Physiol Behav
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 15 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 333 337 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1975年 9月 初日 (昭和 50年 9月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意): 5 [継承]
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Toyohiko Satoh and Norio Kanamori : Reticuro-reticular relationship during sleep and waking., Physiology & Behavior, Vol.15, No.3, 333-337, 1975.
欧文冊子 ● Toyohiko Satoh and Norio Kanamori : Reticuro-reticular relationship during sleep and waking., Physiology & Behavior, Vol.15, No.3, 333-337, 1975.

関連情報

Number of session users = 7, LA = 1.79, Max(EID) = 382152, Max(EOID) = 1020840.