『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=71903)

EID=71903EID:71903, Map:0, LastModified:2018年4月6日(金) 16:57:21, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[赤松 徹也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.歯学部.歯学科 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Wei, Wei (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Parvin, Nahid Most (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.津村 恵子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.赤松 徹也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Tada, Jun (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.金森 憲雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.細井 和雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Induction of C-reactive protein, serum amyloid P component, and kininogens in the submandibular and lacrimal glands of rats with experimentally induced inflammation.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) テルペンチン油を投与した実験的炎症モデルラットにおいて,投与24時間後に,C-反応生蛋白質,血清アミロイド蛋白質,H-およびT-キニノーゲンのmRNAが,顎下腺,眼窩内および眼窩外涙腺に誘導されることを見いだした.投与6時間後に,この誘導に先立って,TNF-αmRNAが誘導された.顎下腺,眼窩内および眼窩外涙腺におけるこれら急性期蛋白質の誘導は,外分泌腺に強い防御系が存在することを示唆するものと考えられる.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Life Sciences ([Elsevier])
(resolved by 0024-3205)
ISSN: 0024-3205 (pISSN: 0024-3205, eISSN: 1879-0631)
Title: Life sciences
Title(ISO): Life Sci
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1879-0631)
ISSN: 0024-3205 (pISSN: 0024-3205, eISSN: 1879-0631)
Title: Life sciences
Title(ISO): Life Sci
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 69 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 359 368 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2001年 6月 初日 (平成 13年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Wei Wei, Most Nahid Parvin, Keiko Tsumura, Tetsuya Akamatsu, Jun Tada, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : Induction of C-reactive protein, serum amyloid P component, and kininogens in the submandibular and lacrimal glands of rats with experimentally induced inflammation., Life Sciences, Vol.69, No.3, 359-368, 2001.
欧文冊子 ● Wei Wei, Most Nahid Parvin, Keiko Tsumura, Tetsuya Akamatsu, Jun Tada, Norio Kanamori and Kazuo Hosoi : Induction of C-reactive protein, serum amyloid P component, and kininogens in the submandibular and lacrimal glands of rats with experimentally induced inflammation., Life Sciences, Vol.69, No.3, 359-368, 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.17, Max(EID) = 377113, Max(EOID) = 1009913.