『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=71876)

EID=71876EID:71876, Map:0, LastModified:2007年5月30日(水) 10:46:41, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.独立行政法人 水産大学校 [継承]
2.徳島大学.歯学部.歯学科 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Matsuya, Hiroko (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金森 憲雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Suzuki, Nobutaka (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Yoda, Binkoh (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Superoxide Generated from Beefstake.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 牛肉を焼き,黒く焦げた表面と焦げていない内部との,スーパーオキシドの比較定量を行った.超高感度光電子検出装置によって測定した結果,表面の化学発光は,内部のそれに較べて高かった.それぞれの部分から水抽出した液の光化学的蛍光パターンは,焦がしていない焼肉のそれと同じであった.この発蛍光は,スーパーオキシドディスムターゼによって55%低下した.また,アスコルビン酸処理によって蛍光量が 97%減少した.このことは,フりーラディカルの関与を示唆している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): ITE-IBA Inc. [継承]
誌名 (必須): ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicine (with News) ([ITE-IBA Inc.])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 102 105 [継承]
都市 (任意): (英) Brunswick(Ohio) (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 1月 初日 (平成 13年 1月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hiroko Matsuya, Norio Kanamori, Nobutaka Suzuki and Binkoh Yoda : Superoxide Generated from Beefstake., ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicine (with News), Vol.2, No.1, 102-105, 2001.
欧文冊子 ● Hiroko Matsuya, Norio Kanamori, Nobutaka Suzuki and Binkoh Yoda : Superoxide Generated from Beefstake., ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicine (with News), Vol.2, No.1, 102-105, 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.27, Max(EID) = 382185, Max(EOID) = 1020923.