『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=71667)

EID=71667EID:71667, Map:0, LastModified:2012年8月31日(金) 18:24:57, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.愛知学院大学.歯学部 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Ito, Fumio (日) 伊藤 文雄 (読) いとうふみお
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金森 憲雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kuroda, Hideyo (日) 黒田 英世 (読) くろだひでよ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Electrical coupling between afferent nerve terminal and intrafusal muscle fibre in the frog muscle spindle.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 単離したトノサマガエル筋紡錘の錘内筋の細胞内および細胞外から:1)感覚性神経の自発放電を記録.2)錘内筋をパルス電流によって刺激し,感覚性神経の反応を引き起こす閾値を測定.3)錘内筋内部に直流電流を流し,感覚性神経の放電頻度を測定.した結果は;1)細胞外記録では神経活動電位の振幅は,神経末端からの距離が離れるにしたがってほぼ指数関数的に減少するのに対し,筋細胞内の記録では直線的な減少を示し,極めて遠くまで記録された.2)筋細胞外からの電気刺激では,刺激閾値は対数的に急激な増加を示すのに対し,筋細胞内の電気刺激では閾値の増加は緩やかで,その値も非常に低い.3)-20∼+20nA の錘内筋への直流電流注入によって感覚性神経の放電頻度がほぼ直線的に変化した.以上のことから,感覚神経末端部と錘内筋との間に双方向の電気的な結合が存在することを明らかにした.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) muscle spindle (日) 筋紡錘 (読) きんぼうすい [継承]
2. (英) frog (日) カエル (読) かえる [継承]
3. (英) microelectrode (日) 微小電極 (読) びしょうでんきょく [継承]
4. (英) intrafusal muscle fibre (日) 錘内筋線維 (読) すいないきんせんい [継承]
5. (英) electrical coupling (日) 電気的共役 (読) でんきてききょうやく [継承]
発行所 (推奨): Nature Publishing Group.Nature Publishing [継承]
誌名 (必須): Nature ([Nature Publishing Group])
(pISSN: 0028-0836, eISSN: 1476-4687)

ISSN (任意): 0028-0836
ISSN: 0028-0836 (pISSN: 0028-0836, eISSN: 1476-4687)
Title: Nature
Title(ISO): Nature
Publisher: Springer Science+Business Media
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 249 [継承]
(必須): 452 [継承]
(必須): 69 71 [継承]
都市 (任意): ロンドン (London/[連合王国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1974年 5月 初日 (昭和 49年 5月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1038/249069a0    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意): 4275316    (→Scopusで検索) [継承]
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: In Vitro  (日)    [継承]
2.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Fumio Ito, Norio Kanamori and Hideyo Kuroda : Electrical coupling between afferent nerve terminal and intrafusal muscle fibre in the frog muscle spindle., Nature, Vol.249, No.452, 69-71, 1974.
欧文冊子 ● Fumio Ito, Norio Kanamori and Hideyo Kuroda : Electrical coupling between afferent nerve terminal and intrafusal muscle fibre in the frog muscle spindle., Nature, Vol.249, No.452, 69-71, 1974.

関連情報

Number of session users = 7, LA = 1.55, Max(EID) = 382152, Max(EOID) = 1020840.