『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=70631)

EID=70631EID:70631, Map:0, LastModified:2011年6月22日(水) 14:23:11, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.総合理数学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.自然システム学科 (1993年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.沼子 千弥
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 中井 泉 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 石井 紀明 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 高野 穆一郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) ヒザラガイの歯に濃集した鉄のX線吸収微細構造法による状態分析   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ヒザラガイの歯は主成分として鉄を含んでいる.この歯に対してEPMAによる2次元元素マッピングを行ったところ,鉄は摂餌面にのみ濃集されていること,背面はカルシウムとリンを主成分としていることが明らかとなった.また蛍光XAFS測定を行ったところ,歯の主成分は磁鉄鉱であり,その形成の初期には3価の鉄化合物が存在していることが確認された.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) XAFS (日) (読) [継承]
2. (英) Specific Accumulation of Transition elements (日) (読) [継承]
3. (英) Biomineralization (日) (読) [継承]
4. (英) chiton (日) (読) [継承]
5. (英) Magnetite (日) (読) [継承]
6. (英) radular teeth (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 日本分析化学会 [継承]
誌名 (必須): 分析化学 ([日本分析化学会])
(resolved by 0525-1931)
ISSN: 0525-1931 (pISSN: 0525-1931)
Title: 分析化学
Supplier: 公益社団法人日本分析化学会
Publisher: Japan Society for Analytical Chemistry
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 40 [継承]
(必須): 10 [継承]
(必須): 821 827 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 10月 初日 (平成 7年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 沼子 千弥, 中井 泉, 石井 紀明, 高野 穆一郎 : ヒザラガイの歯に濃集した鉄のX線吸収微細構造法による状態分析, 分析化学, Vol.40, No.10, 821-827, 1995年.
欧文冊子 ● Chiya Numako, 中井 泉, 石井 紀明 and 高野 穆一郎 : ヒザラガイの歯に濃集した鉄のX線吸収微細構造法による状態分析, Bunseki Kagaku, Vol.40, No.10, 821-827, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.85, Max(EID) = 403268, Max(EOID) = 1091752.