『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=70586)

EID=70586EID:70586, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 13:55:15, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科 (1993年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.片岡 啓一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Study on the Parody of the Church- Cantata No.12 <Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen>(BWV12-the Second Tune-) and <Messe in h-moll -Crucifixus->(BWV232 -the Seventeenth Tune-)  (日) カンタータ第12番<泣き,嘆き,憂い,怯え>(第2曲)と<ミサ曲ロ短調ー十字架につけられー>(第17曲)の転用関係についての研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) In this study,I considerd the parody-problem of 2 tunes (the second tuneof church-cantata No.12 (BWV12) and the sevevteenth tune of (Messe inh-moll) (BWV232)).I examined both tunes synthetically and minutely from the viewpoint ofbar-number,cycle and melody pattern of chacconne,tonality,kind andusing-way of accompaniment-instrument,contents and arrangement of text andchanges of tune-construction...As a result of this study,in Bach's parody-working to (Messe in h-moll),I understood that Bach did the parody in earnest and he completed theuniversal and deep masterpiece,and his parody-working is always in harmonywith the world of symbolyc expression.Now,after this,I should like to continue to study the problems of parody bythe consideration of another part of parody-working of (Messe in h-moll).   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) J.S.Bach (日) ヨーハン·ゼバスティアン·バッハ (読) よーはんぜばすてぃあんばっは [継承]
2. (英) parody (日) 転用 (読) てんよう [継承]
3. (英) symbolic expression (日) 象徴的表現 (読) しょうちょうてきひょうげん [継承]
4. (英) Cantata No.12 (日) カンタータ第12番 (読) かんたーただいじゅうにばん [継承]
5. (英) Messe in h-moll (日) ミサ曲ロ短調 (読) みさきょくろたんちょう [継承]
発行所 (推奨): 徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間社会文化講座 [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部人間社会文化研究 ([徳島大学.総合科学部])
(pISSN: 0919-9411, eISSN: 2433-3468)

ISSN (任意): 0919-9411
ISSN: 0919-9411 (pISSN: 0919-9411)
Title: 徳島大学総合科学部人間社会文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 10 [継承]
(必須): 0 [継承]
(必須): 145 152 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 3月 14日 (平成 15年 3月 14日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110000946140/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110000946140 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 37028 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 片岡 啓一 : カンタータ第12番<泣き,嘆き,憂い,怯え>(第2曲)と<ミサ曲ロ短調ー十字架につけられー>(第17曲)の転用関係についての研究, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.10, No.0, 145-152, 2003年.
欧文冊子 ● Keiichi Kataoka : A Study on the Parody of the Church- Cantata No.12 <Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen>(BWV12-the Second Tune-) and <Messe in h-moll -Crucifixus->(BWV232 -the Seventeenth Tune-), Journal of Human Sciences and Arts Faculty of Integrated Arts and Sciences The University of Tokushima, Vol.10, No.0, 145-152, 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.96, Max(EID) = 374145, Max(EOID) = 1001953.