『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=69981)

EID=69981EID:69981, Map:0, LastModified:2009年1月18日(日) 12:25:21, Operator:[橋本 親典], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[橋本 親典], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 報告書 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.建設工学科 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 岡村 甫 (読) おかむら はじめ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 清水 敬二 (読) しみず けいじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 前川 宏一 (読) まえかわ こういち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.橋本 親典 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Develpoment of pumpability testing machine of fresh concrete  (日) フレッシュコンクリートのポンプ圧送性能試験機の開発   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This project was concerned with development of pumpability testing mochine of fresh concrete. The results of this project in two years are given as follows. (1) Establishment of vesualized testing method for modeled concrete in pipe flow We developed modeled concrete, which consists of absorbent polymer as liquid phase and lightweight aggregates and coke as solid phase. Mix proportion of absorbent polymer was designed so that its fluidity was similar to that of actual mortar in fresh concrete. And the solid phase in liquid phase of pipe flow could be visualized to follow the motion of solid phase. Then with the use of video deck and A/D converter, the measuring system of particle motion in time domain was developed. From the results of this visualized test, we could clariify the deformation and blocking mechanism of flowing concrete in tapered pipe and segregation process in bifurcated potion. (2) Development of electrical resistance measuring system for segregation of fresh concrete in pipe flow We developed the electrical resistance measuring system for actual fresh concrete to represent the volume ratio of aggregates in concrete indirectly. Then the wear out resistance of electrode was improved. From the site experimental results with the use of this measuring system, the evaluation method for segregation and critical blocking condition of flowing concrete was proposed. we applied for two patents on the above developments. (3) Development of segregation model for solid-liquid flow of two phase material Based on the information from the visualized test (1). two phase model of flowing concrete was developed and the simulation of segregation and blocking of fresh concrete in pipe flow was counducted. From this simulation, the following results were derived. (a) Segregation, defined as the volume change of solid phase, is accelerated in the taper potion. (b) High viscosity of liquid phase leads to the considerable high pressure in pipe and to the high segregation resistance, which results in the good fluidity of total material.  (日) 2年にわたる本研究の成果は, 以下に示す通りである. (1)モデルコンクリートによる管内流動の可視化実験法の確立 高分子吸水性ポリマーを流動相とし, 軽量骨材およびコークスを固相とするモデルコンクリートを開発した. 実際のコンクリートの流動抵抗性と相似になるように一高分子吸水性ポリマーの配合決定方法を与えるとともに, 管内流動途上の固相の運動を可視化することを可能にした. さらに, ビデオとA/D変換器を用いて, 固相の粒子運動を時系列的に計測するシステムを完成させた. この実験・計測手法を用いて, テーパー部の管内変形と閉塞の過程, 分岐部分の材料分離の過程を初めて明らかにすることができた. (2)電気抵抗によるフレッシュコンクリートの管内材料分離測定法の開発 実際のコンクートの電気抵抗を計測することによって, コンクリートの骨材含有量を間接的に求める測定法を実用化した. さらに, 流動途上のコンクリートにも適用できるように, 電極の磨耗に対する耐久性の向上を図った. この測定方法を用いて現場実験を実施し, その結果から流動途上での材料分離の程度と閉塞危険性の予測について, 提案を行なった. 以上の成果を基に, 2件の特許を申請中である. (3)固-液2相材料のポンプ圧送に関する材料分離モデルの開発 (1)による可視化実験によって得られた粒子運動から, 固液2相材料の流動モデルを作成し, コンクリートの流動途上の材料分離と閉塞のシミュレーションを実施した. その結果, (A)テーパー部に材料分離が促進すること, (B)液相の粘性増加は管内圧力の大幅な上昇をきたすが, 材料分離抵抗性を増加させるために, 全体的には流動性の高い材料となることが, 解析的に明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (任意):
誌名 (任意): (英) Reprot of research project (Development Scientifc Research (1)), grant-in-aid for scientifc research (Project number 61850090) (日) 科学研究費補助金試験研究(1)研究成果報告書(課題番号61850090) (読) かがくけんきゅうひほじょきんしけんけんきゅういちけんきゅうせいかほうこくしょ
ISSN (任意):
[継承]
(任意):
(任意):
(任意):
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1988年 3月 末日 (昭和 63年 3月 末日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 岡村 甫, 清水 敬二, 前川 宏一, 橋本 親典 : フレッシュコンクリートのポンプ圧送性能試験機の開発, 科学研究費補助金試験研究(1)研究成果報告書(課題番号61850090), (巻), (号), (頁), (都市), 1988年3月.
欧文冊子 ● 岡村 甫, 清水 敬二, 前川 宏一 and Chikanori Hashimoto : Develpoment of pumpability testing machine of fresh concrete, Reprot of research project (Development Scientifc Research (1)), grant-in-aid for scientifc research (Project number 61850090), (巻), (号), (頁), (都市), March 1988.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.31, Max(EID) = 382774, Max(EOID) = 1022371.