『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=69803)

EID=69803EID:69803, Map:0, LastModified:2013年8月12日(月) 14:44:40, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[上月 康則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
2.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
3.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
4.徳島大学.工学研究科.エコシステム工学専攻.社会環境システム工学講座 (〜2014年3月31日) [継承]
5.阿南工業高等専門学校 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Khelifi Olfa (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
役割 (任意): (英)   (日) 結論(2),(3)の考察の一部を担当した.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.村上 仁士
役割 (任意): (英)   (日) 計画,総括指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.倉田 健悟 ([島根大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Nishioka Mamoru (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Nutrients adsorption from seawater by new porous carrier made from zeolited flyash and slag  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 石炭灰からつくられたFe型ゼオライトと製鉄所から発生する高炉スラグを用いて,リンとアンモニアを同時吸着できる多孔質体の担体の作成を試みた.(1)リンの吸着量はカルシウム量および溶液中のpHに比例した.(2)担体の空隙率の増加と共に両イオンの吸着量は増加した.(3)吸着イオンの増加は単位体積あたりの比表面積の増加によるものと考えられた.(4)富栄養化あるいはそれが危惧される水域で本担体を使用することの有用性を示すことができた.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Adsorption (日) (読) [継承]
2. (英) Chemical Precipitation (日) (読) [継承]
3. (英) Eutrophication (日) (読) [継承]
4. (英) Incineration (日) (読) [継承]
5. (英) Phosphates (日) (読) [継承]
6. (英) Porosity (日) (読) [継承]
7. (英) Quaternary Ammonium Compounds (日) (読) [継承]
8. (英) Refuse Disposal (日) (読) [継承]
9. (英) Water Pollution (日) (読) [継承]
10. (英) Zeolites (日) (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Marine Pollution Bulletin (International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas)
(pISSN: 0025-326X, eISSN: 1879-3363)

ISSN (任意): 0025-326X
ISSN: 0025-326X (pISSN: 0025-326X, eISSN: 1879-3363)
Title: Marine pollution bulletin
Title(ISO): Mar Pollut Bull
Publisher: Elsevier Ltd.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 45 [継承]
(必須): 1-12 [継承]
(必須): 311 315 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2002年 12月 1日 (平成 14年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1016/S0025-326X(02)00107-8    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意): 12398401    (→Scopusで検索) [継承]
NAID (任意):
WOS (任意): 000178336300041 [継承]
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Article.Affiliation: Department of Ecosystem Engineering, The University of Tokushima, Japan.  (日)    [継承]
2.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata and Mamoru Nishioka : Nutrients adsorption from seawater by new porous carrier made from zeolited flyash and slag, Marine Pollution Bulletin, Vol.45, No.1-12, 311-315, 2002.
欧文冊子 ● Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata and Mamoru Nishioka : Nutrients adsorption from seawater by new porous carrier made from zeolited flyash and slag, Marine Pollution Bulletin, Vol.45, No.1-12, 311-315, 2002.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.01, Max(EID) = 382216, Max(EOID) = 1020976.