『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=69576)

EID=69576EID:69576, Map:0, LastModified:2005年7月20日(水) 14:39:53, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[池田 建司], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Tagami Takanori (日) (読)
役割 (任意): (英)   (日) 全頁執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.池田 建司 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究内容についてアドバイス   [継承]
貢献度 (任意): 50 [継承]
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Design of robust I-PD controller based on multi-objective genetic algorithm with local search techniques  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 先に提案したロバストI-PD制御器設計法は, 速応性と振動抑制性を制御系の整定時間と減衰比の改善問題と捉え, さらに, 制御系の極配置問題に置き換えてから遺伝的アルゴリズムによって最適解を求めるという手法である. 最適解探索アルゴリズムにおいて, 収束性を改善するために, 局所探索手法を導入した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 543 546 [継承]
都市 (必須): 西安 (Xi'an/[中華人民共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 10月 初日 (平成 14年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takanori Tagami and Kenji Ikeda : Design of robust I-PD controller based on multi-objective genetic algorithm with local search techniques, Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, (巻), (号), 543-546, Xi'an, Oct. 2002.
欧文冊子 ● Takanori Tagami and Kenji Ikeda : Design of robust I-PD controller based on multi-objective genetic algorithm with local search techniques, Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, (巻), (号), 543-546, Xi'an, Oct. 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.04, Max(EID) = 373277, Max(EOID) = 998582.