『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=69355)

EID=69355EID:69355, Map:0, LastModified:2017年12月5日(火) 17:20:35, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[安澤 幹人], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.安澤 幹人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hamada Hiroyuki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Oga Keisuke (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Fuchiwaki Yusuke (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Design and Construction of Automated Amperometric Immunosensing System  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 2種類のIgGクラス抗トランスフェリン抗体を用い,トランスフェリンの定量を行うことのできるセンサの作製を行った.これまでの測定では,バッチ法を用いて行っていたため,測定には煩雑な作業が必要であったが,本研究においてはフローシステムを導入したことにより,測定の自動化が可能になり,測定時間も従来の測定に比べ,約1/4の12分間/サンプルで行うことが可能になった.また高価でかつ煩雑な作製手順を要する抗体固定電極を,繰り返し使用(リサイクル)するため,使用後の電極を,4℃の条件下で酸性処理を行ったところ,10回の再利用が可能であることを確認している.また抗原抗体反応により電極表面に結合しているフェロセンの電子授受を効率よく行うため,これまではフェロセニルメチル-3-(ピロール-1-イル)プロピルジメチルアンモニウムブロマイドの電解重合膜を用いていたが,今回より安価なポリピロール膜を使用したが,再現性もよく,高感度な定量測定が可能であった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): World Scientific [継承]
誌名 (必須): International Journal of Modern Physics B ([World Scientific])
(pISSN: 0217-9792, eISSN: 1793-6578)

ISSN (任意): 0217-9792
ISSN: 0217-9792 (pISSN: 0217-9792, eISSN: 1793-6578)
Title: International journal of modern physics. B
Title(ISO): Int J Mod Phys B
Publisher: World Sci. Publ., Singapore.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 17 [継承]
(必須): 8&9 [継承]
(必須): 1211 1216 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2003年 4月 10日 (平成 15年 4月 10日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1142/S0217979203018764    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-0038101511 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Mikito Yasuzawa, Hiroyuki Hamada, Keisuke Oga and Yusuke Fuchiwaki : Design and Construction of Automated Amperometric Immunosensing System, International Journal of Modern Physics B, Vol.17, No.8&9, 1211-1216, 2003.
欧文冊子 ● Mikito Yasuzawa, Hiroyuki Hamada, Keisuke Oga and Yusuke Fuchiwaki : Design and Construction of Automated Amperometric Immunosensing System, International Journal of Modern Physics B, Vol.17, No.8&9, 1211-1216, 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.58, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.