『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=68670)

EID=68670EID:68670, Map:0, LastModified:2010年7月6日(火) 11:33:43, Operator:[西尾 芳文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西尾 芳文], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.知能電子回路講座 [継承]
著者 (必須): 1.西尾 芳文 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Chaotic Wandering in Simple Coupled Chaotic Circuits  (日)    [継承]
副題 (任意): (英) Chaos in Circuits and Systems, Guanrong Chen and Tetsushi Ueta (Ed.), Chapter 4, pp. 71-90  (日)    [継承]
要約 (任意): (英) In this study, four coupled chaotic circuits generating four-phase quasi-synchronization of chaos are proposed. By tuning the coupling parameter, chaotic wandering over the phase states characterized by the four-phase synchronization occurs. In order to analyze chaotic wandering, dependent variables corresponding to phases of solutions in subcircuits are introduced. Combining the variables with hysteresis decision of the phase states enables statistical analysis of chaotic wandering.  (日) 本研究では,4相のカオス準同期を生成する結合カオス回路が提案されている.4つのカオス発生回路を結合した本システムでは,回路パラメータを調整することにより,4相同期の位相差で特徴付けられる位相状態のカオス的遍歴が発生することが確認されている. このカオス的遍歴を調査するために,各部分回路の解軌道の位相に対応する従属変数を導入している.この従属変数をヒステリシス判定と組み合わせることにより,カオス的遍歴の統計的解析を可能としている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): World Scientific [継承]
誌名 (任意):
(任意):
(任意):
(任意): 71 90 [継承]
都市 (必須): シンガポール (Singapore/[シンガポール共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2002年 7月 1日 (平成 14年 7月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) ISBN: 981-02-4933-0  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Yoshifumi Nishio : Chaotic Wandering in Simple Coupled Chaotic Circuits, --- Chaos in Circuits and Systems, Guanrong Chen and Tetsushi Ueta (Ed.), Chapter 4, pp. 71-90 ---, World Scientific, Singapore, July 2002.
欧文冊子 ● Yoshifumi Nishio : Chaotic Wandering in Simple Coupled Chaotic Circuits, --- Chaos in Circuits and Systems, Guanrong Chen and Tetsushi Ueta (Ed.), Chapter 4, pp. 71-90 ---, World Scientific, Singapore, July 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 362759, Max(EOID) = 970276.