『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=67419)

EID=67419EID:67419, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 10:24:51, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 記述,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.楠部 真崇
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Hata Takashi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Barotropic and Thermotropic Phase Behavior of Bilayer Membranes Composed of Phospholipids Containing Cis Double Bond in the Sn-2 Acyl Chain  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 2種類の飽和—不飽和混合鎖リン脂質1-パルミトイル-2-オレオイルホスファチジルエタノールアミンおよび1-パルミトイル-2-オレオイルホスファチジルコリン二分子膜の相転移を観察した.両者の温度—圧力相図を対応する飽和鎖リン脂質および不飽和鎖リン脂質のものと比較した.混合鎖リン脂質の相転移温度は飽和鎖リン脂質および不飽和鎖リン脂質の転移温度の中間値となり,混合鎖および不飽和鎖リン脂質の熱力学量は飽和鎖リン脂質のもよりも小さくなった.さらに2種類の飽和—不飽和混合鎖リン脂質の相転移温度には顕著な差が見られた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Springer-Verlag [継承]
誌名 (必須): (英) Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 199 202 [継承]
都市 (必須): (英) Dortmund (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 6月 初日 (平成 15年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Masataka Kusube, Takashi Hata and Shoji Kaneshina : Barotropic and Thermotropic Phase Behavior of Bilayer Membranes Composed of Phospholipids Containing Cis Double Bond in the Sn-2 Acyl Chain, Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II, (巻), (号), 199-202, Dortmund, June 2003.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Masataka Kusube, Takashi Hata and Shoji Kaneshina : Barotropic and Thermotropic Phase Behavior of Bilayer Membranes Composed of Phospholipids Containing Cis Double Bond in the Sn-2 Acyl Chain, Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II, (巻), (号), 199-202, Dortmund, June 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.16, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.