『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=67418)

EID=67418EID:67418, Map:0, LastModified:2007年8月29日(水) 10:23:19, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 記述,計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.楠部 真崇
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ichimori Hayato (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of Cis and Trans Unsaturation on the Barotropic and Thermotropic Phase Behavior of Phospholipid Bilayers  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 脂質二分子膜相転移へのトランスおよびシス不飽和結合の効果を調べるために,3種類のホスファチジルエタノールアミン(ジステアロイル,ジエライドイル,ジオレオイル)二分子膜相転移を観測した.飽和アシル鎖への不飽和結合の導入は相転移温度の降下をもたらし,相転移熱力学量の著しい低下が見られた.これらの結果はトランスおよびシス不飽和結合導入による脂質分子の幾何学的な形状に起因し,不飽和鎖リン脂質の屈曲した分子構造は二分子膜ゲル状態においてアシル鎖の無秩序な充填をもたらす.さらに結果を対応するホスファチジルコリン二分子膜のものと比較した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Springer-Verlag [継承]
誌名 (必須): (英) Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 195 198 [継承]
都市 (必須): (英) Dortmund (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2003年 6月 初日 (平成 15年 6月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki, Masataka Kusube and Hayato Ichimori : Effects of Cis and Trans Unsaturation on the Barotropic and Thermotropic Phase Behavior of Phospholipid Bilayers, Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II, (巻), (号), 195-198, Dortmund, June 2003.
欧文冊子 ● Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki, Masataka Kusube and Hayato Ichimori : Effects of Cis and Trans Unsaturation on the Barotropic and Thermotropic Phase Behavior of Phospholipid Bilayers, Advances in High Pressure Bioscience and Biotechnology II, (巻), (号), 195-198, Dortmund, June 2003.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.