『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=66958)

EID=66958EID:66958, Map:0, LastModified:2006年5月8日(月) 11:00:02, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[宇都 義浩], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.永澤 秀子 (岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
役割 (任意): (英)   (日) 総説の構想,論文作成を担当.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.堀 均
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 低酸素性癌細胞を標的とする放射線増感剤/制癌剤の分子設計   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本総説において,低酸素細胞を標的とする放射線増感剤あるいは制癌剤の分子設計に関して,我々のこれまでの成果を中心に紹介し,今後の制癌剤開発における標的として,近年急速に明らかにされてきた低酸素シグナル伝達系の重要性を論述した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 放射線生物研究 ([放射線生物研究会])
(resolved by 0441-747X)
ISSN: 0441-747X (pISSN: 0441-747X)
Title: 放射線生物研究
 (医中誌Web (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 37 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 359 375 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2002年 12月 初日 (平成 14年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 永澤 秀子, 宇都 義浩, 堀 均 : 低酸素性癌細胞を標的とする放射線増感剤/制癌剤の分子設計, 放射線生物研究, Vol.37, No.4, 359-375, 2002年12月.
欧文冊子 ● Hideko Nagasawa, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori : 低酸素性癌細胞を標的とする放射線増感剤/制癌剤の分子設計, Radiation Biology Research Communications, Vol.37, No.4, 359-375, Dec. 2002.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.49, Max(EID) = 361955, Max(EOID) = 968466.