『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=66415)

EID=66415EID:66415, Map:0, LastModified:2007年4月25日(水) 16:26:32, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 招待 [継承]
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.自然システム学科 (1993年4月1日〜) [継承]
著者 (必須): 1.松本 光弘
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Yamamoto Keiko (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Fushitani Saori (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kasai Masako (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Miyamoto Tomoko (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Shimooka Mayumi (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Annbe Susumu (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Anisotropy of electric polarizability of fractionated bentonite, sepiolite and attapulgite particles in solution  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨): 1. (英) Anisotropy of electric polarizability (日) (読) [継承]
2. (英) bentonite (日) (読) [継承]
3. (英) sepiolite (日) (読) [継承]
4. (英) attapulgite (日) (読) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) IXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COLLOIDAL AND MOLECULAR ELECTROOPTICS (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Pamporova, Bulgaria (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 10月 8日 (平成 12年 10月 8日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Mitsuhiro Matsumoto, Keiko Yamamoto, Saori Fushitani, Masako Kasai, Tomoko Miyamoto, Mayumi Shimooka and Susumu Annbe : Anisotropy of electric polarizability of fractionated bentonite, sepiolite and attapulgite particles in solution, IXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COLLOIDAL AND MOLECULAR ELECTROOPTICS, (巻), (号), (頁), Pamporova, Bulgaria, Oct. 2000.
欧文冊子 ● Mitsuhiro Matsumoto, Keiko Yamamoto, Saori Fushitani, Masako Kasai, Tomoko Miyamoto, Mayumi Shimooka and Susumu Annbe : Anisotropy of electric polarizability of fractionated bentonite, sepiolite and attapulgite particles in solution, IXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON COLLOIDAL AND MOLECULAR ELECTROOPTICS, (巻), (号), (頁), Pamporova, Bulgaria, Oct. 2000.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 1.03, Max(EID) = 383263, Max(EOID) = 1024353.