『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=66042)

EID=66042EID:66042, Map:0, LastModified:2008年11月13日(木) 10:46:58, Operator:[佐藤 高則], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[佐藤 高則], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨): 研究 [継承]
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨): 博士前期課程学生による研究報告 [継承]
組織 (推奨): 1.青山学院大学.理工学部 [継承]
著者 (必須): 1. (英) (日) 押田 則子 (読) おしだ のりこ
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 高橋 嘉政 (読) たかはし よしまさ
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.佐藤 高則
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) (日) 鮫島 達也 (読) さめじま たつや
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) Thermus thermophilus 由来無機ピロリン酸加水分解酵素の耐熱性機構に関する研究   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 高度好熱性細菌Thermus thermophilus由来および常温菌である大腸菌由来の無機ピロリン酸加水分解酵素は,分子量や四次構造が類似しているにも関わらず,異なる耐熱性を示す.そこで,両者の耐熱性に関与する部位を探索するために,2種のキメラ酵素を作製し,それらの解析を行なった.その結果,両者間の耐熱性の差異には4残基が寄与していると結論づけた.また,耐熱化酵素作製の可能性についても述べた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本生化学会 [継承]
誌名 (必須): 生化学 ([日本生化学会])
(resolved by 0037-1017)
ISSN: 0037-1017 (pISSN: 0037-1017, eISSN: 2189-0544)
Title: Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society
Title(ISO): Seikagaku
Publisher: Nihon Seikagakkai/Japanese Biochemical Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 2189-0544)
ISSN: 0037-1017 (pISSN: 0037-1017, eISSN: 2189-0544)
Title: Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society
Title(ISO): Seikagaku
Publisher: Nihon Seikagakkai/Japanese Biochemical Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 69 [継承]
(必須): 7 [継承]
(必須): 821 821 [継承]
都市 (必須): 金沢 (Kanazawa/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1997年 9月 25日 (平成 9年 9月 25日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 押田 則子, 高橋 嘉政, 佐藤 高則, 鮫島 達也 : Thermus thermophilus 由来無機ピロリン酸加水分解酵素の耐熱性機構に関する研究, 生化学, Vol.69, No.7, 821, 1997年9月.
欧文冊子 ● 押田 則子, 高橋 嘉政, Takanori Satoh and 鮫島 達也 : Thermus thermophilus 由来無機ピロリン酸加水分解酵素の耐熱性機構に関する研究, Seikagaku, Vol.69, No.7, 821, Sep. 1997.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.97, Max(EID) = 374076, Max(EOID) = 1001465.