『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=63104)

EID=63104EID:63104, Map:0, LastModified:2009年12月7日(月) 17:25:54, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.自然システム学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
研究者 (必須): 岩楯 好昭 [継承]
分野 (必須): 1.細胞生理学 (Cell Physiology/[細胞学]/[生理学]) [継承]
テーマ (必須): 1.(英) Cell Motility and Intracellular Signal Transduction  (日) 細胞運動と細胞内情報伝達   [継承]
要約 (任意): (英) It is well known that the internal calcium ions concentration controls both the pattern and frequency of ciliary and flagellar beating in eukaryotes. However, the mechanism of the calcium regulation of ciliary and flagellar beat has not been understood. We have investigated the relationship between calcium and ciliary and flagellar beat under light microscopy using the microinjection, intracellular calcium imaging and photolysis of caged compounds and etc.  (日) 真核生物の繊毛·鞭毛打の波形や頻度が,内部のカルシウムイオンによって 制御されていることは良く知られている.しかし,カルシウムがどのように 繊毛·鞭毛打を制御しているのかはほとんど分かっていない. 私たちはカルシウムと繊毛·鞭毛打との関係を,顕微注射,カルシウム イメージング,ケイジド化合物光分解法等を用いて,光学顕微鏡下で研究 している.   [継承]
キーワード (推奨): 1.カルシウム (calcium) [継承]
2. (英) cilia (日) 繊毛 (読) せんもう [継承]
3. (英) Paramecium (日) ゾウリムシ (読) ぞうりむし [継承]
4. (英) dynein (日) ダイニン (読) だいにん [継承]
5. (英) flagella (日) 鞭毛 (読) べんもう [継承]
共同研究 (推奨):
優先度 (任意):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 岩楯 好昭 : 細胞生理学, 細胞運動と細胞内情報伝達, (カルシウム, 繊毛, ゾウリムシ, ダイニン, 鞭毛).
欧文冊子 ● Yoshiaki Iwadate : Cell Physiology, Cell Motility and Intracellular Signal Transduction, (calcium, cilia, Paramecium, dynein, flagella).

関連情報

Number of session users = 3, LA = 1.80, Max(EID) = 394928, Max(EOID) = 1070970.