『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=62301)

EID=62301EID:62301, Map:0, LastModified:2016年12月13日(火) 15:43:47, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.総合科学部.社会創生学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.総合科学部.人間社会学科.人間社会文化講座 [継承]
著者 (必須): 1.石井 健二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 南 香織 (読) みなみ かおり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The Study of Image Presentation Techniques since the Mid-19th Century-11  (日) 19世紀中期以降現代に至る画像表現技術に関する研究-11   [継承]
副題 (任意): (英) The Dusting Process Capability.  (日) ダスティングプリント技法の可能性について   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) ダスティングプリント技法は,アラビアゴム,魚膠,卵白,糖蜜など有機性膠状物質と重クロム酸塩の混合液を,紙,ガラス,瀬戸もの,黒漆塗りの木箱などに塗布し,乾燥する.これにポジティブ(透明陽板)を密着して光にあてる.しばらく放置しておくと,未感光部(ポジティブの黒い部分)は水分を吸収して粘性が復活する.この面上に微粒子の粉末を散布し,刷毛で軽くなでると,粘性のある部分の粉末が残り画像が得られる. 膠状物質の粘性失喪失度が露光量に比例するのを利用したものが,ダスティングプリント技法(撒粉印画法)である. 本論文は,綿,パネル,コルクボード,画用紙に画像を再現して,画像効果を探ったものである.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) dusting (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): 徳島大学.総合科学部.人間社会学科 (1993年4月1日〜) [継承]
誌名 (必須): 徳島大学総合科学部人間社会文化研究 ([徳島大学.総合科学部])
(pISSN: 0919-9411, eISSN: 2433-3468)

ISSN (任意): 0919-9411
ISSN: 0919-9411 (pISSN: 0919-9411)
Title: 徳島大学総合科学部人間社会文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 8 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1 15 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 2月 20日 (平成 13年 2月 20日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110001012953/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110001012953 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 石井 健二, 南 香織 : 19世紀中期以降現代に至る画像表現技術に関する研究-11, --- ダスティングプリント技法の可能性について ---, 徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.8, 1-15, 2001年.
欧文冊子 ● KENJI Ishii and 南 香織 : The Study of Image Presentation Techniques since the Mid-19th Century-11, --- The Dusting Process Capability. ---, Journal of Human Sciences and Arts Faculty of Integrated Arts and Sciences The University of Tokushima, Vol.8, 1-15, 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.82, Max(EID) = 374153, Max(EOID) = 1001966.